床鳴りときしみのする築25年の住宅をリフォームする時の秘訣と対策

築25年の住宅をリフォームか建て替えかを迷う様子

前回は、床からきしむ様な音が聞こえてきた時の対処法と言う事でお話ししてきましたが、今回もその続きで床鳴りのお話です。

 

床鳴りと言えば新しい住宅ではなくて、ある程度築年数が経過している住宅で起こる現象の様なイメージがあると思います。

では例えば、築25年位の住宅で、あちこちの床から床鳴りの症状がしてきた場合、リフォームではなくて建て替えの方が向いているのでしょうか?

築25年くらいの住宅にお住まいの方で、この様な悩みをお持ちの方は、意外に多い様な気がします。

 

結論から先にお話ししてしまいますが…

 

建て替えでもいいですが、十分リフォームも出来る!

 

と言うのが答えになります。

 

今回は、築25年前後の住宅にお住まいになれれている方たちを対象に、住宅の床から聞こえてくる、床鳴りやきしみについて、主に下記の様な事…

 

  • 築25年の住宅がリフォームでも大丈夫な理由
  • 床鳴りやきしみのある築25年の住宅をリフォームする時の秘訣

 

この2つを中心にお話ししていきます。

 

 

床鳴りときしみは仕方ない築25年の住宅での原因

木造住宅は築年数に関係なく床鳴りやきしみはすると話す大工

基本的に木造住宅に於いては、この床鳴りやきしみの問題と言うのは、必ず付いてくる問題と思ってもらった方がいいです。

その理由としては、木材というものが湿気や水分を吸い込んで収縮を繰り返す性質のものだから、と言うのが理由です。

 

木材は水を浴びても金属の様に錆びたりする事はありませんが、その分吸い込みます。

見た目では分からないと思いますが、水分を吸う事によって伸び縮みを繰り返して、木材のズレなどを引き起こしていきます。

 

住宅建築後にリビングのクロスが縮んでしまった…と言う様な経験や、その様な状況になったと言う話を聞いた事ありませんか?

このクロスの伸縮も、大抵の場合湿気が原因です。

 

この湿気によってクロスそのものが伸縮する場合もあれば、クロスの下地で釘で張り付けられている木材が伸縮して、その結果、クロスも伸縮してしまう、と言う様な場合もあります。

床鳴りも原理はこれと同じです。

 

フローリングなどの床材が水分や湿気を吸い込んで収縮する事もあれば、床材が張り付けられている合板や、根太(ねだ)が湿気や水分を吸い込んで、収縮を繰り返す場合もあります。

 

ただ、あまりにもひどい床鳴りやきしみの時は、木材の腐食シロアリの被害なども疑わなくてはなりませんが、基本的に木造住宅であるかぎり、木材と言うのは湿気や水分を吸い込むものであって、それに伴い伸縮を繰り返す事によって、床鳴りやきしみと言う症状は起こってしまうもの、と言う風に理解して下さい。

 

 

築25年で床鳴りときしみがひどくてもリフォームは可能

建て替えじゃなくリフォームしてほしいと思う築25年の住宅

では、築25年の住宅の場合、建て替えではなくてリフォームでも十分に対応が可能か?と言う事ですが、これは冒頭でも答えをお話ししましたが、十分可能です!と言うのが答えになります。

そしてその理由は、2つあります。

一つは木材の寿命です。

 

ちなみに、木材には2つの寿命があると言うのは知っていますか?

 

一つは植物としての寿命

そしてもう一つは、伐採されて、建築物などの構造材として使われて、その役目が終わるまでの寿命

 

私たちが住んでいる住宅を建築する木材と言うのは、一般的に樹齢60年~70年くらいの木材を伐採して、建築構造材として用いられています。

神社やお寺などは建築されてから、200年~300年経過しても、建て替えられることなく、建築当初の面影を残したまま、悠然と建っています。

少し古い古民家などもそうです。

築100年を超えても立派に建っています。

 

そう言う事から考えると、建築してから30年ほどで建て替えの対象に入ってしまう、一般住宅に使われていく木材と言うのは、少し可哀そうな気がします。

勿論、全ての木材が昔の寺院などの様に、何百年も耐久性があるとは言いませんが、それでも100年は十分にもってくれるのが木材と言うものなのです。

 

二つ目の理由は、前の見出しでもお話ししましたが、『木造住宅である限り、床鳴りやきしみは付き物』だからです。

木造住宅である限り…と言う事は、築年数が25年とか、10年とかと言うのは関係ありません。

湿気によって木材が腐食してしまっている場合などは違う話になってきますが、築25年と言う建築年数で、健康な木材であるならば、全く心配する事なくリフォームが出来ます。

 

 

床鳴りときしみのある築25年の住宅をリフォームする秘訣

秘訣は丸裸にする事骨組みだけにしちゃえば丸分かり

リフォームと言っても様々な種類があります。

例えば一部屋増築したり、壁を壊して一部屋にまとめたり、と言うのもリフォームですし、外壁の張り替えや塗装と言うのもリフォームです。

更に、網戸の張り替えなどもリフォームにあたります。

しかしこちらのページでは、床鳴りやきしみという住宅の構造材にまつわるお話をしておりますので、少し大きめの増築や改築、あるいはそれ以上の全面改装などを行うリフォームと言う事でお話ししていきます。

 

これらのリフォームを行う上での秘訣は、一度骨組みを露わにしてみるのがお勧め、と言う事です。

 

何度かお話ししておりますが、床鳴りやきしみの原因と言うのは、殆どの場合が、湿気や水の吸い込みによるものです。

だから、木造住宅である以上、床鳴りやきしみと言うのは付き物、と言う事になってきます。(と言うか、そう言うご説明をさせていただきました。)

ところが、床鳴りやきしみが湿気などの吸い込みによるものでなく、木材の腐食やシロアリなどの害虫の被害によるのが原因だったとしたら、その場合は、その原因を解消しなければなりません。

しかし、増築や改築や全面改装などの大きなリフォームをお考えになられる時に、限りなく出来るところまで、内装や外装を剥がして、柱や土台などの骨組みが見える状態にすれば、腐食やシロアリなどの被害にあっている木材なども、一目瞭然で分かる事になります。

勿論、一部屋だけ増築する為に、住宅全体の内装と外装を解体する訳にもいきませんので、限りなく出来るところまで、と言う意味です。

 

ちなみに、内装と外装を全部解体しなくても、その他のやり方で、限りなく家の構造体として使われている木材の健康状態を調べる事は出来ます。

 

でも、実際に、解体出来るところは解体してしまうと、本当に一目瞭然ですよね。

 

先ほど、寺院などを例にして、一般住宅に使われている木材であれば、100年はもつ、と言うお話をしました。

リフォームか建て替えかを迷っているとなると、ある程度の大きな工事になると言うのは推察が出来ます。

100年はもつ一般住宅に使われていく木材も、一度、骨組みだけの丸裸状態にして、木材の健康状態をきちんとチェックしてあげる事によって、より一層安心してリフォームへの気持ちを固める事が出来る、と言う事も頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

床鳴りときしみがひどい築25年の住宅の注意点

築25年の住宅をリフォームしたいと願う夫婦

築25年の住宅の場合、建て替えか?それともリフォームの方がお勧めか?と言う事で、何となくリフォームの方をお勧めしている感じになってしまいましたが、決してリフォームを押しているのではありません(笑)

一番大切なのは、長年住んだ住宅に何らかの手を入れようとしている、あなたの気持ちです。

と言うのを先に前書きしておいて、お話しさせていただきます。

 

床鳴りときしみがひどい、築25年の住宅を建て替えしようか?それともリフォームで対応出来るか?と言う事を迷った時に注意してほしいのは、『相談をする業者の言い分よりも、自分の気持ちが最優先』と言う事です。

 

築25年の住宅にお住まいと言う事であれば、業者に相談をすると、まず殆どの業者が建て替えを進めてきます。

しかし、そこに何も知識を持ち合わせていない場合だと、業者の話す事が最もだと言う様な気持ちになってしまい、本来は慣れ親しんだ家なので、「リフォーム出来るのであれば、リフォームしたい!」と言う気持ちが強くても、話が建て替えの方向に向かって行ってしまう訳です。

 

そうならない為にお勧めなやり方としては、出来るだけ多くの業者にあって相談をしてみる、と言う事。

 

これは何社以上に見積もりを依頼する、と言う事ではありません。

何社以上ではなくて、出来るだけ多くの業者に合って相談と見積もりを依頼する

と言う事です。

 

つまり、数多くの業者に会って、自分たち家族の気持ちに寄り添って、自分たち家族の代わりに立ち回ってくれる担当者に巡り会えるまで、何社にも会う、と言う事です。

 

住宅リフォームと言うのは、商品と代金を引き換えと言う様な簡単なものではありません。

自分に合う担当者や業者選びから始まって、打合せを何度も繰り返した後に工事が始まり、そして各工程をこなしていく事によって、やっと完成すると言う、長丁場になります。

打ち合わせや工事を行っていく間も、一山も二山も超えていかなければならない試練が待っている事もあります。

家族の意見が初めから建て替えの方向が強い場合は、業者の進める通り、建て替えが一番良い方向になります。

しかし、慣れ親しんだ家など、何かの理由があって、出来ればリフォームで進めていきたい、と言う気持ちが強い場合は、この様に自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれる担当者が傍にいてくれれば、これほど心強い事はありません。

 

築25年の住宅をリフォームする場合は、長丁場が考えられます。

業者の意見を聞かされるのではなくて、自分たちの意見を聞いてくれて、自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれる担当者に巡り会える様に頑張ってみて下さい。

 

 

2点だけお話しするつもりが、つい熱くなってしまい、長くなってしまいました。

まとめると下記の5点。

 

  • 木造住宅は収縮して床鳴りする性質と理解する
  • 木材は100年以上もつからリフォームも可能
  • リフォーム時は骨組みだけの丸裸にしてチェックする
  • 業者の言い分に納得させられない様に注意する
  • 自分たち家族と相性が合う担当者を探す努力をする

 

築25年の住宅にお住まいで、床鳴りやきしみのお悩みから、リフォームか建て替えか迷っている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

こちらの記事の方にも、お時間のある時に立ち寄ってみて下さいね!

2階の床からミシミシと言うきしむ音がした時の原因と対策と補修方法

 

築30年の外壁で注意が必要なのはお手入れが塗装か張り替えかの判断