新築の外壁塗装に最適な時期は築年数と劣化の度合いで知る事が出来る

新築住宅の初めての外壁塗装の時期

新築当初は部屋の中に入ると、木の香りも立ち込めていた住宅も、年数と共に様々なところが劣化していきます。

これは常に外気にさらされたままの状態になっている外壁であれば、尚の事、劣化の状態が分かる様になります。

そして新築だと思っていた我が家の劣化の状態を見て、こんな事を思うのではないでしょうか?

 

新築から数えて何年後に外壁塗装の時期が来るのかしら?

新築の外壁塗装の時期

 

答えから先にお話ししてしまいますが、新築から数えて10年後が外壁塗装の目安の時期、と言う事になります。

 

今回のこちらのページでは、この新築の外壁塗装の時期と言う事について主に…

 

  • 新築時から築年数で数えた外壁塗装の時期
  • 劣化の状態で外壁塗装の時期を知る方法
  • 外壁塗装の時期を大幅に過ぎた新築住宅
  • 新築住宅が初回の外壁塗装の時期を守るメリット
  • 初回の外壁塗装の目安の予算
  • 外壁塗装の時期が来たら行う事
  • 外壁塗装の時期になった時の注意点
  • 外壁塗装の時期が来たら訪問販売員にはご注意

 

などの8つの事について、色々な角度からお話ししていきます。

 

 

新築の外壁塗装に最適な時期は築10年と言う耐用年数

新築住宅の初回の外壁塗装の時期

よく「外壁塗装は10年に一度」と言う話を耳にする事があると思いますが、実はこれは目安の年数ですが、あながち間違いではありません。

なぜ間違いではなく、築10年目と言うのが新築住宅の初回の外壁塗装の時期なのかと言う事をご説明します。

 

住宅建築に使用される外壁材と言うのは、製品として作られる時に、表面に焼付塗装と言う塗装膜を施された形で出荷されていきます。

そして外壁材と言うのは、住宅建築後に外気にさらされたままの状態になる訳ですが、常にこの焼付塗装の塗装膜によって保護されていて、雨が降りそそいだり、強い風に吹かれたとしても影響を受ける事がない訳です。

 

しかしその外壁材自体を保護している焼付塗装の塗装膜自体も、長年外気にさらされたままの状態になる事によって劣化していきます。

それがおよそ10年と言う年数になる訳です。

 

そして塗装膜の劣化した外壁材は素地がむき出しの状態になる為、雨や風などの影響から再び保護してあげる為に、外壁塗装が必要になります。

つまり焼付塗装の塗装膜が劣化する、新築時から数えた10年目が初回の外壁塗装の時期になる訳です。

 

ちなみに外壁塗装の時期は、この築10年と言う年数だけでなく、外壁材自体の劣化の状態からも見て取れる様になっています。

次はこの新築住宅の外壁塗装の初回時期を、外壁材の劣化の症状から判断する方法についてお話ししていきます。

 

 

新築は外壁材の劣化から初回外壁塗装時期が分かる

新築の外壁塗装は劣化で時期を判断

前の見出しで、新築の初回外壁塗装の時期は、築10年目と言うお話をしました。

新築住宅の初回の外壁塗装の時期は、この築10年と言う年数で判断するやり方の他に、外壁材の劣化の状態からも判断する事が出来ます。

 

外壁材の表面に施された焼付塗装の塗装膜が劣化した外壁材と言うのは、一番初めに色が全体的に褪せてくる様になります。

この色褪せと言う症状が、外壁材が外壁塗装の時期が来たと言う事を始めに知らせてくれるサインになります。

 

そしてこの色褪せの次に、塗装膜が劣化して粉化する事によって、手や指で触るとチョークの粉が付いた様な感じに見える、チョーキング現象と言う症状が現れる様になります。

また、このチョーキング現象と言う症状が現れる同じ時期に、外壁材同士のつなぎ目や窓廻りに施工されているコーキング剤のひび割れや痩せと言った症状も現れてくる様になります。

 

更にその後も外壁塗装をせずにほおっておくと、外壁材自体にひび割れが生じてくる様になります。

 

本当は今お話しした色褪せ、チョーキング、コーキングの劣化、外壁材のひび割れなどの症状が現れてくる前の時期に、外壁塗装を施してあげるのが一番ベストな状態です。

 

しかしこう言った劣化の症状と言うものは、症状が起こる瞬間と言うのは誰にも分からなく、起こってから目に入ってしまうものになりますので、もしご自宅の外壁材にこう言った症状を見かける様になったら、「新築だった我が家も外壁塗装の時期になったんだなぁ」と思う様にしていただいて、早めにメンテナンスをしてあげる事をお勧めします。

 

では次に、今お話しした外壁塗装の時期が来たと言うサインを無視して放置した場合、外壁材はどうなってしまうのか?と言う事についてお話ししていきます。

 

 

新築住宅が外壁塗装の時期になっても放置すると凍害に

外壁塗装の時期を無視して放置した場合

前の見出しでお話しした外壁塗装の時期が来たと言うサインを無視して放置してしまった場合、外壁材と言うのは最終的に凍害と言う症状に犯される様になっていきます。

ちなみに凍害と言うのは下の写真の様な、外壁材の表面がぶよぶよになってしまう症状になります。

 

凍害に犯された外壁材

凍害に犯された外壁材

 

この凍害と言う症状に犯される様になってしまうと外壁塗装自体が出来なくなってしまい、その凍害に犯されてしまった外壁材を部分的にでも張替えしてから外壁塗装を行う事になって、余計な費用がかかる事態になってしまいます。

 

簡単に凍害の起こる仕組みをご説明すると、塗装膜が劣化して素地がむき出しになった外壁材と言うのは、水分を吸い込む様になります。

そしてその吸い込まれた水分と言うのは、冬になると外壁材の素地内部で凍りついてしまいます。

更に水分と言うのは凍り付くと体積が膨張する習性を持っているので、一冬の寒暖の差で素地内部で氷つくのと溶けるのを繰り返す事によって素地が破壊されてしまい、その結果上の写真の様なぶよぶよとした症状として表れる様になるのです。

 

この凍害に犯される箇所も数か所であれば張替えする箇所も少なくて済みますが、あまりにも広範囲に渡って凍害に犯されてしまった箇所があるとなると、外壁塗装ではなく外壁材の全面張替えの方が向いていると言う事になる場合もあります。

 

ただ今までお話ししてきた新築時から数えて築10年と言う目安の年数や、凍害に至るまでの劣化の症状の内に外壁塗装の時期が来たと思ってメンテナンスを行っていただければ、余程の事がない限り凍害に犯されるまでにはなりません。

 

何度もお話ししますが、余計な費用をかけない為にも、新築時から数えて10年目と言う目安の年数や、劣化の症状を見かける様になったら、外壁塗装の時期が来たと思っていただいて、早めにメンテナンスを行う様にしましょう。

 

では次に、新築住宅が初回の外壁塗装の時期を守って行う、メリットについてお話ししていきます。

 

 

新築住宅が外壁塗装の時期を守るメリット

新築が外壁塗装の時期を守るメリット

今までのお話で、新築住宅の初回の外壁塗装の時期の見分け方については、ご理解いただけたと思います。

では新築住宅が、その初回の外壁塗装の時期を守って行うと、どんなメリットがあるのかと言うと、主に下記の様な事があげられます。

 

  • 外壁材の健康状態が最適な状態で保てる
  • 費用の面で一番安価で済ます事が出来る
  • 外壁材の本来の美観をそぐなわなくても済む

 

まず外壁材が発してくれる劣化のサインを見落とさないで外壁塗装を行ってあげると言う事は、劣化も比較的初期の段階で外壁塗装を行うと言う事になります。

最初の焼付塗装の塗装膜が劣化して素地がむき出しになっても、すぐに外壁塗装を施してあげる事によって、再び塗装膜が復活して素地が保護される事になります。

つまり外壁塗装の時期と言うサインを無視せずに行った事によって、新築時からの外壁材の健康状態がすっと保たれると言う事になります。

 

また、劣化の症状が現れ始めた初期の時期に外壁塗装を行う事によって、凍害などの被害にあうと言う事もなく、外壁材の張替えなどの余計な費用をかけずに、本来の外壁塗装の費用のみで済ませる事が出来る様になり、余計な費用もかけないで済む様になります。

 

更に凍害などの被害にあわないと言う事は、外壁材を部分的に張替えすると言う作業を行う必要もありませんので、所々外壁材のデザインが違うと言う様な美観をそぐなうと言う心配をする必要もなくなります。

 

どんな事にも同じ事が言えると思いますが、やはり早期発見が大事と言う事。

新築時から数えて築10年と言う年数や、劣化の症状を見逃さないで外壁塗装の時期を守る、と言う事が大事と言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

では次に、新築住宅が初回の外壁塗装を行う時期が近づいて来た時に、必ず頭を悩ます費用面についてお話ししていきます。

 

 

予算の把握をして新築の外壁塗装時期への備えを

新築の初回外壁塗装の予算

住宅を新築してからおよそ10年経過すると、初回の外壁塗装の時期がやって来ます。

そこで気になってくるのは、外壁塗装とはいったいどのくらいの費用がかかるものなのか?と言う事だと思います。

新築住宅の初回の外壁塗装では、外壁材が凍害などの被害にあっておらず、単純に塗装工事のみで済ませられる場合の費用は以下の通りになります。

 

まず行われる外壁塗装の種類を下記の中から選びます。

 

塗装の種類 単位 1㎡あたりの目安の単価
シリコン樹脂塗装 3,000円前後~4,000円前後
フッ素樹脂塗装 4,500円前後~5,500円前後
光触媒塗装 4,500円前後~6,000円前後

 

そして上記の中から選ばれた外壁塗装の費用に、下記項目の費用がプラスされる事になります。

 

工事品目 単位 目安の単価
足場代 1,000円前後~1,700円前後
塗料飛散防止用ネット 300円前後~600円前後
コーキング代 1,000円前後~2,000円前後
養生費 一式 20,000円前後~40,000円前後

 

外壁塗装では、シリコン樹脂塗装とフッ素樹脂塗装と光触媒塗装の3つの種類がありますが、塗装の種類によって何が違ってくるのかと言うと、主に外壁塗装を施した後から次回の外壁塗装の時期が来るまでの耐用年数の違いになります。

各外壁塗装ごとの耐用年数については以下の表の通りになります。

 

塗装の種類 目安の耐用年数
シリコン樹脂塗装 10年前後~12年前後
フッ素樹脂塗装 15年前後~20年前後
光触媒塗装 15年前後~20年前後

 

新築時から数えておよそ10年後にやって来る、外壁塗装の時期の為の参考にしてみて下さい。

 

 

新築住宅が外壁塗装の時期になった時に初めに行う事

新築が外壁塗装の時期になった時に行う事

新築の住宅にお住まいのご家庭では外壁塗装そのものが初めての経験で、実際に時期が近くなっても何を行えば良いのか?と言うのが分からないと言う方も多いと思います。

これは結論の方からお話ししてしまいますが、新築住宅で外壁塗装の時期が近くなってきた時に初めに行った方が良い事と言うのは…

 

自分たち家族と相性の合う担当者探し…

 

もっときちんとご説明すると…

 

自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれて、自分たち家族の代わりに上手に立ち回ってくれる、相性の合う担当者探し

 

になります。

 

実は外壁塗装を初めとする住宅のリフォーム工事に於いて、この相性の合う担当者探しと言うのは最も大切で、こう言った担当者と巡り合う事が出来るかどうかで、外壁塗装のリフォーム工事が成功するかどうかは決まってきます。

 

この担当者選びが、なぜ大切なのか?と言うと、外壁塗装を行う時に頭に入れておいてもらいたいのが、外壁塗装を依頼する施主側の方では、塗装に関しての知識を全く持ち合わせていない素人で、反対に業者側の方は、1年の内に何件もの現場をこなしている外壁塗装工事のプロだと言う事です。

そしてこのプロである業者と対峙した時に、全ての業者が正義の味方であれば何の心配もありませんが、世の中必ずしもその様な人ばかりではありません。

 

外壁塗装を依頼する施主側の方では全くの素人の人の方が多いですので、工事期間中に何か不測の事態が起こったとしても、殆どのケースで業者の方にまるっきりお任せになってしまいます。

そして業者側の方では商売として外壁塗装を行っている訳ですので、自分たちの利益を中心に物事を進めて行こうとする業者もいます。

 

そんな時に、自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれて、自分たち家族の代わりに上手に立ち回ってくれる、相性の合う担当者と言う存在がいてくれたら、これほど心強いものはありません。

 

この自分たち家族と相性の合う担当者と巡り合う秘訣は、出来るだけ多くの業者に相談をしてみる事。

つまり出来るだけ多くの業者に合い見積もりをかけて、各業者から派遣されてくる担当者を自分自身の目で確かめて見ると言う事です。

 

新築住宅にお住まいで初回の外壁塗装の時期が近くなってきた時は、ぜひこの事を頭の隅においていただいて、自分たち家族と相性の合う担当者に巡り合える様に頑張ってみて下さい。

 

では次に、新築住宅にお住まいになられている方が、初めての外壁塗装の時期が来た時に気を付ける点についてお話ししていきます。

 

 

外壁塗装の時期になった新築住宅が気を付ける点

初めての外壁塗装の時に気を付ける点

新築住宅に住んでいる方にとって、築10年目を目途に迎える外壁塗装の時期と言うのは、初めての経験と言う方が殆どだと思います。

この初めての外壁塗装を行うにあたって、施主側の方で工事の当日を迎えるまでの間に行っておいた方が良い事と言うものを下記にあげてみました。

 

  • 近隣の人たちへの工事前の挨拶
  • 業者の人たちが車を駐車するスペースの確保
  • 住宅廻りに置いてある物の移動

 

外壁塗装に限らずリフォーム工事全般に於いて言える事ですが、工期が1日だけで終わらず、10日以上もかかる場合もあります。

その様な工事を行う時に何のお知らせもなく、ある日突然始められたら、近隣の人達も複雑な気持ちになる人がいても不思議ではありません。

外壁塗装が終わった後も、そこの土地で暮らしていく限りは近隣の人たちとも長いお付き合いになります。

人間関係の事も含んで、工事期間中に何かトラブルが起こったとしても円滑に物事を勧められる様に、工事前の挨拶はきちんと行う様にしましょう。

 

それから工事期間中は複数の工事関係者の人たちが家に来ます。

その際に当然の事ながら車で来る事になります。

家の前に路上駐車出来る場所であれば問題はありませんが、もし家の前の道路が駐車禁止になっている様な場合は、外壁塗装の工事の初日までに車を駐車出来るスペースを手配出来る様にしておきましょう。

 

また、外壁塗装と言うのは、住宅廻り全体に足場を組み立てて行う工事になります。

となれば普段敷地内に置いてある物で住宅に近い距離にあるものは、足場を組み立てる際に邪魔になる場合もあります。

足場の組み立てなどを含めて外壁塗装工事が円滑に行われる様に、敷地内で住宅の廻りに置いてある物については、外壁塗装が始まる前までに、同じ敷地内でも工事の支障にならない場所に移動させておく様にしましょう。

 

最後にちょっと違う観点で、新築住宅の外壁塗装の時期が来た時に、気を付けた方が良い事と言うのをお話しします。

 

 

訪問販売は新築住宅の外壁塗装の時期を狙うのでご注意

新築の外壁塗装の時期は訪問販売に注意が必要

新築住宅が築10年目を迎える最初の外壁塗装の時期を迎える頃は、訪問販売員の勧誘にも注意が必要になります。

これはどうしてかと言うと、外壁塗装の工事の受注を目的としてやって来る訪問販売員と言うのは、先ほどお話しした外壁塗装の時期が来たと言う事を知らせてくれる劣化の症状などを、会社の方から教育を受けて営業活動を行っています。

更に商売がら、1日に何件もの住宅に飛び込み営業を行っていく為、住宅の佇まいや色褪せの状態などから、およそ築10年目くらいだろう、と言う事で狙いを定めて訪問して来る場合もあります。

そして外壁塗装を行わないととんでもない事になる、と言う様な感じで、多少大げさな言い回しで話してきたり、工事受注の為にありもしない事で言葉巧みに近づいて来る人もいます。

 

知らない人が訪問して来て外壁塗装の事を話してくる場合は、工事受注が目的なだけです。

 

その訪問してくる人が、良い人なのか、悪意をもって近づいて来た人なのかを完璧に見分ける事が出来る人の場合はいいですが、一番良いのは、訪問販売の人達は丁寧にお断りをして、話を聞かない様にする事です。

 

この外壁塗装の訪問販売の人たちは、新築住宅が築10年目を迎えた初回の外壁塗装の時期を狙って来るので、注意が必要と言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

ここまで、新築住宅の初回の外壁塗装の時期、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

新築住宅にお住まいの方が、初回の外壁塗装の時期を迎えた時の参考になれば嬉しいです。

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

一戸建ての外壁塗装に最適な時期とタイミングを劣化と耐用年数で判断

 

マンションは外壁塗装の時期を守る事で耐用年数の他に入居率もアップ