初回リフォームを予定した時の心構え6つ|成功の秘密はココにあり

人選び(担当者選び)がとても重要

こんにちは、祐太郎です。

普段は、住宅リフォームの営業マンをしています。

今の住宅リフォームの営業マンを初めてから、早いもので15年の歳月が経ちました。

このブログでは、今までの住宅リフォームの経験からお話しできる、リフォームを成功させる秘訣などを、裏話を絡めてお話ししていきたいと思います。

記念すべき第1回目の内容は、『初回のリフォームを行う時の心構え』と言う事でお話ししていきます。

 

 

初回のリフォームの心構えで最も重要なのは人選び

人選び(担当者選び)がとても重要

始めにお話しすると、ここで言う『人選び』と言うのは、あなたやあなたのご家族の思いに寄り添って、あなたたちの為に立ち回ってくれる担当者と言う意味です。

実はこの自分に合う担当者と巡り合う事が出来るかどうかと言うのは、リフォームを成功させると言う意味で、とても大切で、もの凄く重要なウェートをしめてきます。

 

例えば、外壁の張替え工事を行う為に、既存の外壁を解体したら、中の柱や土台が腐っていたと言う様な事態が判明した場合、あなたは対処出来ますか?

あっ…、実際に腐っている柱や土台を取り除いて、新しい柱や土台を備え付ける事が出来ますか?と言う意味ではありません。

もし腐っていたら、どこからどこまでの木材だったら取り除いても建築の構造上大丈夫か?と言うのを判断できますか?と言う意味ですよ。

恐らく建築のお仕事をされていて、ある程度以上の建築知識をお持ちの方でないと難しいのではないでしょうか?

と言う事です。

 

普通の買い物であれば、何か気に入った商品があったとしたら、レジに商品を持って行き、お金と引き換えに商品を受け取って終了と言う事になると思います。

しかし住宅リフォームの場合だと、その場でお金を支払って終了と言う普通の買い物のスタイルとは違って、見積もりから始まり、工期が1日で終わるものから、長いと3カ月前後もかかるものまであります。

 

業者の中にも様々な人がいますが、全ての担当者が本当の意味で、心からあなたたちご家族の気持ちに寄り添ってくれる様な人ばかりであれば問題はありません。

しかし世の中必ずしもその様な人ばかりではない訳です。

 

折角、ある程度のまとまったお金を支払って行う住宅リフォーム。

この自分と合う担当者と巡り合えるかどうか?と言うのが、リフォームを成功させる為の始めの関門となってきます。

 

 

相見積もりは必須!初回リフォームの心構えで超重要

相見積もりはリフォームでは必須

では、この自分に合う担当者と巡り合う為にはどの様にすればいいか?

答えからお話ししますが、数多くの業者に見積もりを依頼して、自分の家を担当してくれるであろう、色んな人を実際に見てみる。

これが答えになります。

つまり相見積もりをすると言う事です。

 

そしてこの相見積もりを依頼して各業者の担当者の方が来た時に、ただ見積もりをお願いすれば良いと言う訳ではありません。

各業者の担当者が来たら、意識をマックスに働かせて、その人を良く観察すると言う事です。

 

一番意識を張り巡らせて見なければならないのは、下記の1点。

 

この人は、本当に自分たち家族の気持ちに寄り添って、自分たちの目線でリフォームを仕切ってくれるだろうか?

 

と言う事です。

 

勿論、見積もりによって割り出されるリフォームの金額も大事です。

しかし、金額ばかり気にしても、肝心の担当者との相性が悪かったら、リフォームが終わった後に後味の悪い思いをするのは分かり切っている事です。

 

よく、「合い見積もりは最低3社以上は取りましょう」と言う感じで紹介しているサイトを目にする事がありますが、数は関係ありません。

3社や4社と言わずに、自分たち家族と相性の良い担当者とめぐり会うまでは、めげずに何社からでも相見積もりを取って、多くの人を自分の目で確かめてみると言う事を覚えておいて下さい。

 

 

初回のリフォームで相性の良い担当者を探す心構え

リフォームは闘い!焦らず勝機を!

リフォームを成功させる為の秘訣として大切な事は、自分と相性の良い担当者と巡り合う事だと言う事は先ほどお話ししました。

では今度は、その相性の良い担当者と巡り合う為の心構えとして、重要な事について2点お話ししていきます。

 

まず一つ目は、リフォームはある意味、闘いであると意識すると言う事。

先ほどもお話ししましたが、自分と相性の良い担当者を見つける為と言っても、ただやみくもに相見積もりをすれば良いと言う訳ではありません。

その相見積もりで数多くの人と会って、自分と相性の良い担当者を探し出す為には、自分自身が気を張り巡らせて、各業者から派遣されて来る担当者たちの品定めをしなければなりません。

そう言う意味でも、リフォームというのはある意味闘いであって、その闘いと言うのは、工事が始まってからではなく、見積もりの時から既に始まっていると言う事です。

 

そして二つ目は、焦らないと言う事です。

数社に依頼して相見積もりを取る為に各業者の担当者と会っても、中々自分に合っている人と巡り合わない場合もあると思います。

しかしここで妥協しては駄目です。

もし中々巡り合う事が出来なくてジレンマを感じる事があっても、探し続けると言う事が大切です。

自分自身が本当に良い担当者を探そうとして行動をしていると、必ず良い人に巡り合う時がやってきます。

その事を信じて、ドンと構えて、めげずに多くの人に会っていって下さい。

 

 

会社は『人』の次と初回リフォームの心構えとして心得る

人選びが最優先事項で会社選びはその次

ここまでお話を聞いていただいて、「人よりも、色んな設備も整っていて、しっかりした工事を行ってくれると言う評判の会社を選んだ方がいいんじゃないか?」と言う風に感じられた方もいると思います。

 

勿論、良い工事を行ってくれるかどうか?と言う意味では、会社を基準にして依頼される業者を選ぶと言う事もある意味大切です。

しかし、いくら設備が整っていて、人数も多い会社だからと言っても、肝心のあなたの家の担当者になってくれた方との相性が良くなければ、リフォームは成功しません。

そういう意味でも会社選びよりも、人選びが先になります。

 

実際は、その選んだ担当者さんの勤務する会社の方にリフォームを依頼する形になると思いますが、会社選びよりも人選びが重要だと言う事を覚えておいて下さい。

 

 

家族の意見を合致させる心構えが初回リフォームでは必要

リフォームは家族の意見を合致させる事が重要

たくさん会った各業者の担当者の中から、無事にあなたと相性の合う人と巡り合う事が出来た後は、いよいよリフォームに対しての打合せが始まっていきます。

 

しかし、折角担当者が決まって、リフォームに対する打合せが始まっても、あなたの家族の中で行おうとしているリフォームに対しての意見がまとまっていないと、担当者さんも困ってしまうだけです。

 

例えば、奥さんの方ではキッチンのリフォームを行いたいけど、旦那さんの方ではキッチンではなく、お風呂のリフォームを先に行いたいと言う様な感じ。

 

これでは、どれだけ良い担当者さんだったとしても、リフォームの話自体が前に進んでいきません。

 

勿論、建築に関してのプロではありませんので、図面を引くなどと言う事はしなくてもいいのですが、和室だった部屋を洋室にしたいとか、浴室をもう少し広くしたいなど、大まかなリフォームの方向性などについては、事前に家族内で意見を合わせておくと言う事をしておくと、打合せもスムーズに進みます。

 

担当者さんが決まった後は、実際に打合せが始まるまでの間に、行おうとしているリフォームに対する家族内のビジョンを合わせておく様にしましょう。

 

 

初回リフォームは人対人の心構えで望む

人対人と言う心構えで望む

このページの先頭の方でもお話ししましたが、リフォームを成功させる為の秘訣として最も重要になってくるのが、相性の合う担当者さんとの出会いです。

 

そして数多くの業者の中から、自分と相性の合う担当者と巡り合う事が出来た後は、今度はその人とどれだけ良い関係を気付けていけるか?と言う事が重要になってきます。

その為に意識してほしい事が『人対人』と言う意識で接すると言う事です。

 

自分の家のリフォームで上手に立ち回ってほしいからと言って、まるで割れ物に触るかの様な接し方をするのも駄目ですし、「自分たちはお客で、お金を払う立場だ!」と言う感じで、横柄な上から目線の態度で接するなんて言うのも以ての外です。

 

あなたが選んだ担当者が本当にあなたたち家族の気持ちに寄り添ってくれる人であれば、その人は、きっとあなたの家のリフォームを良い方向に導いていこうと思い、あらゆる事に気を配ってくれているはずです。

 

普段、お友達と接する時の様なリラックスした感じで、『人対人』と言うのを忘れずに、いたわりの気持ちを持って接してあげて下さい。

 

 

ここまで、初回リフォーム成功の為の心構え、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の6点。

 

  • 自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれる担当者を探す
  • 良い人を探すという意味でも、相見積もりは重要
  • リフォームは闘いと言う事と、焦らないと言う事を意識する
  • 会社選びよりも、人選びが重要
  • 家族内でのリフォームに対する意見をまとめておく
  • 担当者には『人対人』という気持ちで接する

 

家族みんなの夢を乗せて行う住宅リフォーム。

良い担当者と巡り合える様に、ぜひこちらのページでお話ししてきた事を参考にして、よいリフォームを行って下さいね!

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

 

リフォーム中に出たほこりとゴミで家の中が!家具や家電はこう守る