リフォーム中に出たほこりとゴミで家の中が!家具や家電はこう守る

リフォームで問題になるほこりやゴミたち

こんにちは、祐太郎です。

家族の夢を叶える為に行うリフォーム工事。

しかし、リフォーム工事中の問題の中の一つに、ほこりやゴミの問題と言うのがあります。

では、果たしてリフォーム中に出るほこりやゴミについては、どの様に対処していけば良いのでしょうか?

 

結論からお話ししていきますが、ほこりやゴミの問題は、リフォーム前の養生と家具や家電の移動で、ほぼほぼ解決する事が出来ます。

 

そこでこちらのページでは、そのほこりやゴミの問題をもう少し掘り下げて、主に下記の5つの事を中心にお話ししていきたいと思います。

 

  • ほこりやゴミの出ない工事はないと頭に入れておく
  • ほこりやゴミで汚れて困るものは移動しておく
  • きちんと養生をしてもらう
  • ほこりやゴミ問題も担当者との打ち合わせ次第
  • 現場を清潔に保つ為に担当者と打合せを行っておく

 

これらを知ってもらう事によって、リフォームで頭を悩ませる、ほこりやゴミの問題ともさよならです。

 

 

リフォームでほこりやゴミの出ない工事はないと知る

リフォームで出るほこりやゴミ

始めにお話ししておきますが、リフォーム工事と言うのは、既存の住宅を解体したりする作業が伴う工事ですので、基本的にほこりやゴミの出ない日はありません。

しかしこれが、事前にどの程度のほこりやゴミが発生するのかと言うのを知ってリフォームを行うのと、知らないで行うのとでは心構えからして変わってきます。

 

例えば例をあげてお話ししますが、会社勤めをされている方であれば、夏と冬の年2回、ボーナスの支給というものがあると思います。

会社員の方たちは、毎年7月と12月が近づいてくると待ち遠しくて仕方ないと思いますが、これがもし「今回のボーナスはなし」と言う事を知らされたとしたらどうしますか?

しかも、その今年のボーナスが支給されないと言う事を、ある程度前に知らされていた場合と、直前になってから知らされた場合とではどうでしょうか?

ボーナスが支給されない事自体困った事ですが、それもある程度前に知らされていたとなれば、事前に心構えが出来て、実際の支給日が来ても覚悟が決まっている分だけ動揺しなくても済むと思います。

 

ちょっと例えが極端すぎたかも知れませんが、先ほどお話しした様に、既存の住宅の一部を解体しながら行っていくのがリフォーム工事と言うものなので、その過程でほこりやゴミと言うのは発生してしまうもの。

ほこりやゴミの対策を打つのも大切ですが、それと同時に、リフォーム工事で全くほこりやゴミが出ない工事と言うのはない、と言う事も心に止めておく様にしましょう。

 

こうして心の中に止めておいて、ある程度覚悟を持ってリフォームに臨む事で、余計なストレスを抱え込まないで済む様になります。

 

では、ほこりやゴミに対する心構えについて理解していただいたと思いますので、次に、実際にどの様にして対策を打っていくかについてお話ししていきます。

 

 

リフォームで出るほこりやゴミは養生で解決

ほこりやゴミは養生でシャットアウト

リフォームで発生するほこりやゴミを防ぐには、養生が一番効果的です。

ちなみにこの養生はリフォームを行うお客様が、自分たちで行わなければならないものではなくて、リフォームを依頼した業者さんが行ってくれます。

しかし、この養生一つとっても、その業者さんや職人さんによって微妙にやり方が違っていたり、また、雑だったりする場合がありますので、一応リフォームが始まる前に養生と言う工程が行われると言う事と、そしてしっかりした養生が行われているかと言う事を見極める為に、知っておくと良いと思います。

 

この養生はどの様に行っていくのかと言うと、主にビニールや養生紙と呼ばれるものを用いて、ほこりやゴミが降りかかって困るものに被せていく形になります。

この際、養生テープと言うものも用いて、隙間からも細かいほこりやゴミが入っていかない様にと、ビニールや養生紙がずれない様に、しっかりと張り付けて固定していきます。

このビニールや養生紙や養生テープを用いて行う養生の目的は、リフォーム中に発生するほこりやゴミが、家具や家電などに降りかからない様にする為のものですが、この他にも、リフォーム中に家具や家電などが破損しない様に保護する目的もあります。

 

しかし、ほこりやゴミから守る為の養生ですが、実はこの養生を行ったから、全てのほこりやゴミから守れるか?と言うと、そう言う事でもないのです。

 

では次に、この養生の他に、自分たちで行える事は何かないのか?と言う事についてお話ししていきます。

 

 

リフォーム前にほこりやゴミから守る為に困るものは移動

リフォーム前にほこりがかからない様に移動

家具や家電などにほこりやゴミがかからない様に、自分たちで出来る対処法で最も簡単な事は、リフォームの前に自分たちで移動出来るものは移動させておく、と言う事になります。

 

先ほどもお話しした通り、全くほこりやゴミが出ないリフォーム工事と言うものはありません。

むしろ、リフォームの内容によっては、とんでもなくほこりやゴミが発生する工事もあります。

その中で、いくら業者さんや職人さんたちがしっかり養生を行ってくれたからと言っても、やはり完璧にほこりやゴミをシャットアウト出来ると言う訳ではないのです。

 

リフォーム工事の場合、前もって工事の日程が分かる様になっていますので、工事の着工日が決まったら、それに合わせて自分たちで移動出来るものについては、ほこりやゴミが降りかからない場所に移動させておくとなどの対処を行って下さい。

 

では次は、ほこりやゴミの問題も、担当者選びがしっかりしていると、意外にすんなり解決する!と言う事についてお話ししていきます。

 

 

担当者次第でリフォーム中のほこりやゴミも解決

ほこりやゴミも担当者さんとの関係次第ですぐに解決

リフォームを行えば必ず発生してしまうほこりやゴミの問題ですが、職人さんたちによる養生と、自分たちで事前に家具や家電等を移動させておく事によって、殆どのものは解決出来ると思います。

しかし実は、この養生や自分たちによる家具や家電の移動の前に、ある事をしっかりやっておけば、それだけで解決してしまうと言うものがあります。

 

それが前のページでお話しした、自分と相性の良い担当者さん選びです。

 

勿論、この自分と相性の良い担当者さん選びに成功したからと言って、事前の養生や、家具や家電の移動を行わなくてもいい、と言う訳ではありません。

しかし、リフォーム前に、この自分と相性の良い担当者さんと、ほこりやゴミの問題を打合せしておく事によって、自分たちで悩んだりしてストレスを抱えてしまうと言う様な事は、まずなくなるはずです。

 

普通の買い物とは違い、そのリフォームによっては、1カ月~3カ月も工期がかかるものもあります。

この間に、今回お話ししているほこりやゴミの他にも、色々な問題が発生する可能性があるのがリフォーム工事です。

 

住宅リフォームに於いて、自分と相性の良い担当者さんが傍にいてくれると言うのは、リフォームを成功させると言う意味で、とても重要な事になってくる訳です。

 

自分と相性の良い担当者さん選びの秘訣については、こちらのページで紹介しています。

初回リフォームを予定した時の心構え6つ|成功の秘密はココにあり

 

 

リフォーム中のほこりやゴミは業者がキチンと処分

ほこりやゴミの処分は業者がしっかりやりますよ

通常、リフォーム工事で発生したゴミと言うのは、工事を行っている家の敷地内の決まった場所に、産業廃棄物用の大きなゴミ箱が設置されて、ある程度の量になると産業廃棄物場に引き取られ、新しいゴミ箱が設置される事になります。

それに伴って、通常は一日の工事作業が終わると、職人さんたちによって跡片付けや清掃がされて、現場内は常に整理整頓がされています。

 

しかし、稀にですが、この清掃や整理整頓が行き届いていない現場と言うのも見かけたりします。

 

この現場内の整理整頓についても、リフォーム工事が始まる前の打合せ時に、自分の方から話を持ち出して、担当者さんときっちり打合せを行っておく事によって、より一層現場内の整理整頓が徹底されます。

 

あなたが選んだ担当者さんですので、この辺は十分に心得てくれていると思いますが、何でもかんでも担当者さん任せにせずに、自分からも積極的に意見や提案を行っていくと良いです。

 

 

ここまで、リフォーム工事中に出た、ほこりやゴミの対処法、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の5つ。

 

  • ほこりやゴミの出ない工事はないと心得る
  • リフォーム前に大事なものは移動させておく
  • きちんと養生をしてもらう
  • 実はほこりやゴミ問題も担当者次第で解決
  • 現場を常に清潔に保つ為に担当者と打合せを

 

上記の事を参考にしていただいて、ほこりやゴミの問題で悩まない、快適なリフォーム工事を行って下さいね!

 

 

他のページの方も覗いてみて下さいね!

リフォーム工事で疲れる原因|対処法を知ればストレスフリーも可能