マンションは外壁塗装の時期を守る事で耐用年数の他に入居率もアップ

マンションの外壁塗装で気を付ける事

投資物件用などをお持ちになられているオーナーさんにとって、マンションやアパートなどの建物と言うのは、お金を生み出してくれる資産であり、最大の財産の一つでもあると思います。

そんなマンションやアパートなどの建物も、建築後は常に外気にさらされたままの状態になり、一定の時期が過ぎると外壁塗装などのメンテナンスが必要になっていきます。

ではこのマンションなどの建物に外壁塗装が必要になってくる適切な時期と言うのは、いったいいつ頃なのでしょうか?

 

結論からお話ししてしまいますが、マンションやアパートなどの建物も一般住宅と同じで、外壁塗装の時期は10年が目安になってきます。

と言うのが答えになります。

 

と言う事でこちらのページでは、マンションやアパートなどのいわゆる投資物件と呼ばれる建物の外壁塗装について、主に…

 

  • マンションの外壁塗装の適切な周期
  • マンションの外壁に塗装の時期が来たのを見極める方法
  • マンションを定期的に外壁塗装を行うメリット
  • マンションの外壁塗装のおおよその予算
  • マンションが外壁塗装の時期になったら気を付ける事

 

などの主に4点についてお話ししていきます。

 

 

マンションの外壁塗装の時期は初回も2回目も10年が目安

マンションの外壁塗装も10年が目安

マンションやアパートなどの外壁も製品が工場の方で作られる時に行われる焼付塗装、または、塗装職人さんの手作業で塗られていく外壁塗装のいづれかの塗装が施されています。

この表面に施された外壁塗装の塗装膜によって、外壁材自体が保護されている訳ですが、しかしこれも半永久的に保護されると言う訳ではありません。

建築された後何年もの間に渡って紫外線や外気などにさらされたままの状態で放置される事によって少しづつ劣化が進んで、およそ10年と言う年数が経過すると再塗装の時期に入っていきます。

これは建築後の初回の外壁塗装も、一度外壁塗装を行った後の2回目以降の再塗装についても同じ事が言えて、一般住宅に限らず、マンションやアパートなどの建物も、およそ10年と言う周期で外壁塗装の時期がやってくると言う風にお考え下さい。

 

 

マンションの外壁塗装の時期は劣化の状態でも分る

マンションの外壁塗装の時期は劣化でも分る

マンションやアパートでは、前の見出しでお話ししたおよそ10年と言う年数による周期だけでなく、以下にあげる外壁材の劣化の状態からも、外壁塗装の時期が来たと言うのを知る事が出来る様になっています。

 

  • 外壁材の全体的な色褪せ
  • チョーキング現象
  • 外壁材のひび割れ
  • コーキング剤のひび割れや痩せ

 

まずマンションやアパートも、建築後はそのまま外気にさらされたままの放置状態となる為、少しづつ劣化が進んで、外壁塗装の時期を迎える頃には、全体的に色が褪せてくる様になります。

この色褪せで外壁塗装の時期を判断すると言うのが、一つの方法になります。

 

また色が褪せてきた外壁材を放置すると、劣化した塗装膜が粉状になり、手や指で触れるとチョークの粉の様な感じで付く様になります。

この現象を専門的にチョーキングと呼んでいますが、このチョーキングが見受けられる様になった時も、外壁塗装の時期がやってきたという目安にしていただく事が出来ます。

 

そして更に劣化が進むと外壁材やコーキング剤にもひび割れなどが生じてくる様になります。

 

ちなみにこれらの症状と言うのは劣化しきった末に起こる症状になりますので、出来ればこれらの症状が見受けられる様になる前に外壁塗装を行うのが望ましく、最低でもこれらの症状が出てしまったら、あまり放置する期間が長くならない様に外壁塗装を行ってあげると良いです。

 

 

マンションの外壁塗装は大規模修繕の時期と一緒に

マンションの外壁塗装は他の工事と絡めて行うと良い

マンションやアパートなどの複数の世帯が生活している建物では、外壁以外の箇所についても年数と共に劣化して、メンテナンスが必要になってくる箇所が多くあります。

特にマンションなどの何十世帯も入居している建物では管理組合を通じて、どの箇所にリフォームの時期が迫ってきているのかと言うのが事前に把握出来る様になっています。

一般住宅と違いマンションなどの大きな建物では、どういった工事を行うにしても一定の費用や工期が必要になる事が予想される為、外壁塗装などを行う時は、他の工事と時期を合わせる事によって行うと、住人の人たちへの説明なども一度で済ませてしまう事ができ、ストレスを軽減させる事が出来ると言うメリットに繋げられる様にもなります。

 

 

マンションは外壁塗装の時期を守ると入居率もアップ!

外壁塗装で綺麗にすると借りてもすぐに見つかる

マンションやアパートなどの建物はオーナーの方にとっては事業目的の建物です。

と言う事は入居している人が退去する事も考えられる訳です。

 

そして新しい入居さんを募集する時に重要になってくる要素の一つの中に、そのマンションやアパートの外観、つまり見た目の問題と言うものがあります。

 

人によって優先度の違いはあるかも知れませんが、入居者の方が新しい住まいを探す時、外観などの見た目があまり冴えない建物と、綺麗に手入れがされている建物とだと、やはり後者の方がいい訳です。

マンションやアパートなどの建物の場合、外壁塗装を時期を守って定期的に行うと言う事は、新しい入居予定者の方への印象も良くなると言う事。

単純に外壁材の劣化を防ぐだけでなく、外壁塗装を行う事で見た目の綺麗さが保たれる事になり、集客力のアップにも繋がると言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

マンションの外壁塗装の時期が来た時の為に予算を把握

マンションの外壁塗装の費用

マンションやアパートなどの投資物件などは一般住宅と違って建物の規模も大きくなりますので、外壁塗装の時期が近くなってくると気になるのが費用についてだと思います。

 

マンションやアパートなどの外壁塗装で使用される塗料は主にウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料の3種類になります。

これら塗料の違いと言うのは主に耐用年数になり、最も使用頻度が高いのはシリコン樹脂塗料になります。

 

またマンションやアパートの外壁塗装を行う場合の金額は、300万円からその建物や使用する塗料によっては1,000万円を超える場合もあり、塗装を施す面積が多くなるに比例して、トータルの工事費も高くなっていきます

 

塗料の種類 1㎡あたりの単価(目安) 耐用年数
ウレタン樹脂塗料 2,500円前後~3,500円前後 7年前後~10年前後
シリコン樹脂塗料 3,000円前後~4,500円前後 10年前後~12年前後
フッ素樹脂塗料 3,000円前後~4,500円前後 15年前後~20年前後

 

 

マンションの外壁塗装の時期になったら気を付ける事

マンションの外壁塗装で気を付ける事

マンションなどの外壁塗装では通常の住宅とは違い、工期の方が1カ月から長いもので3カ月以上もかかる場合もあります。

そん間に最も気を付けなければならない事と言うと、やはりマンションの中で実際に生活している住人の方たちへの配慮になります。

 

工事を行う前には張り紙やチラシをポストに投函してお知らせをする他、集会などを開いて事前に工事の始まる時期や概要について説明しておく必要があります。

更に工期も長くなりますので、工事前に説明したからと言ってそれで安心する事なく、定期的に工事の進捗状況などについてもお知らせすると良いです。

 

マンションの建物を守る為に行う外壁塗装工事ですので、心の底から毛嫌いをする人はいないと思いますが、それでも住人の方たちにとって自分の意ではない形で大掛かりな工事が行われると言うのは事実のところです。

 

事前に工事についての説明をきちんと行っていると、何かトラブルが発生した時も、そんなに長引かせる事無く円満に解決出来る様になります。

 

何度もお話ししますが、マンションの外壁塗装は何カ月にも渡る工事になる事もありますので、住人の人たちへの配慮で思いつく事は全て行っていく様にしましょう。

 

 

ここまで、マンションの外壁塗装の時期、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の5つ。

 

  • マンションの外壁塗装の時期は10年が目安
  • マンションの外壁塗装の時期は劣化の症状からも分かる
  • 他のメンテナンス工事と合わせて行うと良い
  • 外壁塗装をして綺麗にすると、入居率もアップする
  • 工期が長くなるので住人の方たちへの配慮に注意を払う

 

マンションの外壁塗装の時期が近づいて来た時の、参考になれば嬉しいです。

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

新築の外壁塗装に最適な時期は築年数と劣化の度合いで知る事が出来る