クロスの張り替えで巾木の役割は超重要!部屋の印象がガラッと変わる

こんにちは、祐太郎です。

住宅を建ててから10年位経過すると、外回りだけでなく、室内側も様々な痛みが目に付く様になってくると思います。

 

そりゃそうですよね。。。

だって、子供が大きくなると同時に、ずっと一緒にその部屋の中で生活をしてきた訳ですから。

 

そして10年と言う節目を迎えるにあたって、「せめて、いつも目にしているリビングのクロスを張り替えたいなぁ…」なんて話が出てくる訳です。

そこでふと疑問に思ってしまう事の一つに、「巾木とクロスはどっちを先に取り付けるんだろう?」と言うのがあると思います。

 

え~~、答えからお話ししてしまいますが…

 

答えは、巾木が先。

 

と言うのが答えになります。

 

そこで、今回はこの巾木について、主に…

 

  • 巾木の役割
  • 巾木を先に取り付ける理由
  • 巾木の選び方
  • 巾木を取り付ける際の費用

 

の上記4つについてお話ししていきたいと思います。

 

 

クロスの張り替えに於ける巾木の役割

巾木の位置

壁と床の接地面に取り付けられている巾木。

この巾木は主に、下記の2つの種類があります。

 

  • 木巾木
  • ソフト巾木

 

木巾木というのは、木製で作られている巾木で、落ち着いた雰囲気の部屋が好みと言う方は、こちらの木巾木を使用されると良い思います。

 

また、ソフト巾木と言うのは主に樹脂製のものが多く、木製と違い簡単に折り曲げる事が出来る事から、割とどんな部屋にでも使用出来る様になっています。

 

そして、この巾木と言う部材は、主に下記の様な役割で取り付けられています。

 

  • 壁と床の収まりを良くする為
  • 部屋全体の見た目などの調和やデザインの為

 

まず、巾木を取り付けないで、クロスとフローリングがぶつかり合った状態では、所々に隙間などが生じたり、クロスがフローリングの上に被さったりと、収まりが上手くいかなくなります。

クロスとフローリングが直接ぶつからない様に、間に巾木を設置する事によって、収まりが良くなり、見た感じもすっきりした良い印象を与えてくれる様になります。

 

更に巾木にも様々なデザインがありますので、この巾木のデザインの選び方一つで部屋の印象もガラッと変わり、全く違った部屋に見える様になります。

 

人間のファッションでも、履いている靴一つで、その人の印象が変わってきますが、これと同じで、巾木を選ぶ際は様々な種類の中から、どの巾木を使用していくと、部屋の印象を一番良く見せる事が出来るか、と言う観点から選ぶ様にすると良いです。

 

次に、クロスよりも巾木が先に取り付けられる理由についてお話ししていきます。

 

 

取りつける順番はクロスよりも巾木が先

クロスと巾木のどちらの取り付けが先か疑問に思う家

冒頭でも答えをお話ししてしまいましたが、クロスを張り替えする工事に於いて、クロスと巾木の順番はどっちが先なのか?については、巾木が先になります。

これは、もしクロスを先に張ってしまうと、数年後にクロスの張り替えを行おうとした時に、巾木も一度取り外してクロスの張り替えを行わなければならなくなる為です。

 

また、クロスを張る時は、通常、巾木の上場に2mm~3mm被せる様な感じで張っていきます。

これは、クロスの張り替えが終わった後に、そのクロスが伸縮しても隙間などが生じない様にする為です。

 

勿論、その現場の状況によっては、クロスを床のギリギリのところまで張って、その後にクロスの上から巾木を取り付けする事もあります。

しかし通常は、クロスよりも巾木を先に取り付けするものだと言う事を覚えておいて下さい。

 

 

では次に、張り替えを行うクロスと調和の取れる、巾木の選び方、についてお話ししていきます。

 

 

クロスの張り替えで雰囲気の良くなる巾木の選び方

巾木の選び方を説明する女性

巾木を選ぶ時は、クロスの張り替えが終わった部屋を想像して、調和を考えながら選ぶ様にすると良いです。

秘訣は、クロスの張り替えが終わった部屋を想像しながら、下記の3点に気を配りながら選んでいきます。

 

  • 色や柄
  • 材質(木巾木とソフト巾木)
  • 巾木の幅

 

先ほどもお話ししましたが、人の印象が履いている靴一つで変わるのと同じで、巾木も選び方一つでその部屋の印象が違ってきます。

また、巾木もカタログで見るものと実物では、全く違うものに見える事もあります。

実際に選ぶ時は業者さんの方にお話しすると、実物を取り寄せてくれますので、カタログだけを見て決める様な事はせず、必ず実物を数点取り寄せてもらって選ぶ様にした方が良いです。

 

では次に、実際にクロスの張り替えを行う時に、巾木の取り付けについては、どのくらいの費用が必要になってくるのか、についてお話ししていきます。

 

 

クロス張替え時の巾木の費用はこのくらい!

巾木の予算について説明する女性

例として6畳~8畳の部屋に巾木を取り付けする形でお話ししていきます。

 

巾木を取り付けする際に必要になってくるのは、まず巾木の商品代金

そして、それを取り付けてくれる職人さんの工事代

更に既存の巾木を処分する、撤去処分費

 

この3つになります。

 

木巾木

(ソフト巾木)

2万円前後~6万円前後

(1万円前後~5万円前後)

取り付け工事料 8,000円前後~15,000円前後
撤去処分費 5,000円前後

 

一般的なところでご説明しましたが、その巾木の種類によっては、上記の金額よりも高くなる場合があります。

クロスの張り替え代金と共に、部屋の印象を考えながらお決めになってみて下さい。

 

 

ここまで、クロス張替えに於ける巾木について、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の3つ。

 

  • 巾木の役割は部屋の収まりとデザイン的な印象の為
  • クロスと巾木では巾木の取り付けが先
  • 巾木を選ぶ際は、部屋の全体的なイメージを考えて選ぶ

 

クロス張替えの際の巾木選びの参考にして下さいね!

 

 

お時間のある時に、他のページの方にも立ち寄ってみて下さいね!

平屋の雨樋が壊れた時の修理や交換する際の費用の相場や注意する点

 

巾木を自分で修理する方法を紹介|役割や交換時期や取り外すやり方