外壁からの雨漏りを火災保険適用で修理出来る条件と注意点を紹介

外壁からの雨漏りは火災保険適用の場合有り

各ご家庭で加入されている火災保険ってありますよね。

あの火災保険は火事だけでなく、様々な自然災害で住宅が被害を被った時でも使用出来るのは知っていますか?

 

大きな地震や大雨が降った時の洪水などのテレビのニュースでもたびたび聞く事ありますから、知っている人は知っていますよね。

もし初めて聞いたと言う方は、自分の家の外壁や屋根などから雨漏りしてきた時に役に立つかも知れませんので、この機会に火災保険は火事だけではなく、自然の災害で住宅が被害を被った時でも使える便利なもの、と言う事で頭の隅に入れておいていただけると良いと思います。

 

では実際に、外壁から雨漏りがしてきた時などは、火災保険の適用で費用を捻出して、リフォーム代金にあてる事は出来るのでしょうか?

これは結論からお話ししてしましますが。。

 

内容次第では、出来る!

 

と言うのが答えになります。

 

もし、外壁からの雨漏りを火災保険で修理出来るのであれば、外壁以外の様々な箇所で行った雨漏りも、火災保険で修理出来るかも知れません。

そこでこちらのページでは、火災保険が火事以外の住宅の雨漏りになどにも活用する事が出来る、と言う事を、初めて知ったと言う人たちの為に、外壁の雨漏りと火災保険、と言うテーマでお話ししていきたいと思います。

 

どの様な事についてお話ししていくのかと言うと…

 

  • 外壁からの雨漏りの修理費は火災保険から捻出出来るのか?
  • 外壁からの雨漏りが火災保険で適用になる為の条件
  • 外壁からの雨漏りを火災保険え修理する際の注意点

 

などの主に上記の3つについてお話ししていきたいと思います。

 

 

外壁からの雨漏りが火災保険で修理適用になる場合

外壁からの雨漏りは火災保険適用の場合有り

先ほど、外壁からの雨漏りを火災保険で修理出来るかは、内容次第!と言う事をお話ししました。

では、その内容次第というのは、どの様な内容になってくるのか、例をあげてお話しすると…

 

例えば、台風などのもの凄い暴風雨にみまわれた時に、窓ガラスが割れてしまって部屋の中に風や雨は大量に入り込み、その結果クロスやフローリングなど部屋の中で被害が確認された、と言う様な場合です。

 

聞いてみて、「なんだ、意外にありえそうな話じゃないか」と思われたのではないでしょうか?

 

実はそうなんです。

名前が火災保険と言う名目なので、火事の為のもの、と言う意識が強い為に、実際に暴風雨にみまわれても保険を活用する事なく、自費で修理する人の方が多いと思います。

 

外壁では、例えばこんなケースは適用になる可能性が大です。

例えば、台風などの暴風雨でどこからか物が飛んできて、それが自分の家の外壁にぶつかり、穴が開いてしまった。

と言う様な時です。

 

意外に有りそうな話だと思いませんか?

 

ちなみに、我が家も風の被害ではないですが、屋根の上に積もった雪の重みで雨樋が壊れて、保険申請を出してみたら、修理費用が丸々保険適用になって、実費0で修理出来た事がありました。

この場合は、自然災害の中の雪災というやつですね。

 

しかし、基本的には火災保険で修理出来る場合と言うのは、風や雨や雪などの自然災害で被害を受けた場合に適用になるものであって、それ以外に単純に屋根や外壁から雨漏りがしてきたから修理したいが為に保険申請を出しても却下されます。

 

あくまでも、外壁などからの雨漏りが自然災害によっての被害の時は、火災保険の適用になる可能性が大、と言う事を覚えておいて下さい。

 

では次に、実際に外壁からの雨漏りが自然災害によるものだった時は、火災保険からどの程度の費用を捻出出来るのか?と言う事についてお話ししていきます。

 

 

外壁からの雨漏りが火災保険適用になる時は20万円以上から

損害額が20万円以上であれば火災保険適用の可能性大

火災保険にも様々な種類がありますが、基本的に外壁から雨漏りしてきたて火災保険の適用になる時と言うのは、損害額が20万円以上の時が対象になります。

この20万円以上の損害かどうか?と言うのは、火災保険会の方から派遣されて来る、損害保険鑑定士の鑑定(査定)と、顧客の方で提出された業者からの見積もりから算定される事になります。

 

つまり、お客さんの方から「修理する為に業者さんから見積もりを取ったら、30万円だったから、30万円を請求します。」と言われても、保険会社の方ではその金額が妥当なのか?と言う根拠がない訳です。

そこで、お客様から提出された見積もりとは別に、本当に雨や風による被害のもので、仮にそれを修理した時にはどのくらいの金額になるものなのか?と言う事を確かめる為に、損害保険鑑定士を依頼して鑑定(査定)をしてもらう訳です。

ただ、この鑑定(査定)と言うのは、損害保険鑑定士の時もあれば、保険会社の人が自らやってくる場合もあります。

 

いずれにしてもお客様から保険金請求があった時は、必ず、本当に雨や風の被害によるものなのか?と言う事を調べに来て、その結果、損害額が20万円以上であれば認定になり、後日保険金が支給になる、と言う事です。

 

そして火災保険には時価保険と言うものと、新価保険と言う2つの種類があります。

先の時価保険の方は、築年数から経年劣化分の金額が引かれるタイプのものになります。

例えば、鑑定(査定)の結果、損害額が30万円だったとしても、築年数から割り出された経年劣化分が3万円と言う事だとすれば、3万円が引かれて、27万円が支給額となります。

もう一つの新価保険の場合は、経年劣化に関係なく、鑑定(査定)された損害額が30万円だとすれば、その30万円が丸々支給されるタイプの保険と言う事になります。

この時価保険と新価保険の種類と言うのは、ご自宅で保管されている火災保険証書に載っています。

 

更に、その保険によっては加入時に免責額があらかじめ決めらてている保険もあります。

例えば損害額が30万円と言う事でも、契約時に免責額が5万円と言う事であらかじめ決められている場合は、免責分の5万円が引かれて、支給額が25万円と言う事になります。

 

ただ、今お話しした様に、保険によって色々な種類はありますが、基本的には、保険会社の方での鑑定(査定)の結果、本当に風や雨や雪などの自然の災害による被害で、損害額が20万円以上と認められた場合は、保険支給の対象になってくる、と思っていただいたら良いと思います。

 

意外に火災保険って役にたつかも知れないものなんだ、と言う事を分かって頂いたところで、今度は、外壁からの雨漏りを火災保険申請する場合の注意点、についてお話ししていきます。

 

 

外壁からの雨漏りを火災保険適用で修理する際の注意点

自分で壊すのは詐欺と話す女性

外壁からの雨漏りの修理費用を火災保険から捻出する際に、注意していただきたいのは下記の事です。

 

外壁を人為的に壊して、雨漏りしたかの様に見せての火災保険申請や、その他の嘘をついての保険申請

 

これは、あってはならない事ですので、少し詳しくお話しします。

 

外壁を雨漏りしたかの様に壊してする火災保険申請

これは、言わずとお分かりの詐欺と言うものにあたります。

 

外壁から雨漏りしてきて、その修理費用を火災保険から捻出しようと思っても、それは本当に雨や風や雪などの自然災害で外壁が損傷して雨漏りしてきた場合のみです。

仮にその様な事を上手くして保険申請を行ったとしても、数多くの現場を見てきている損害保険鑑定士が鑑定(査定)に来れば、すぐに分かってしまいます。

そして保険会社でブラックリストがあるかどうかは分かりませんが、間違いなくその様な形で、『疑わしき顧客』と言う風に名前を憶えられてしまうのは間違いありません。

 

実際に、その様な形の虚偽を作って保険申請を行う人もいるらしいです。

 

外壁から雨漏りしてきても、火災保険から修理費用を捻出出来るのは、本当に雨や風や雪などの影響で壊れた時のみ、と言う事を覚えておいて下さい。

 

では次に、外壁などから雨漏りがしてきた時に、上手に火災保険申請を行うにはどの様にすれば良いか?と言う事についてお話ししていきます。

 

 

裏技的に外壁からの雨漏りを火災保険で修理するコツ

コツは落ち着いてそのままの状況を話す事

裏技的に…と言う言い方でお話ししましたが、実は裏技と言う事ではなく、どの様にすれば良いか?と言うと…

 

保険会社には、事実をそのままお話しする

 

と言う事です。

 

例えばですが、あなたの家の外壁から雨漏りがしてきて、火災保険から費用を捻出する為に、保険会社に電話を入れたとします。

すると火災保険会社の担当者の方からは、主に下記の様な事を聞かれます。

 

  • いつ壊れましたか?(壊れた日時)
  • どうして壊れましたか?(壊れた原因)
  • 業者から修理見積もりを取られていますか?

 

気を付けてほしいのは、『いつ壊れましたか?』と言う、壊れた日時と、『どうして壊れましたか?』と言う、壊れた原因についての答え方です。

 

極論から言ってしまうと、多分、どこのご家庭の人も、自分の家の外壁が雨や風や雪などで破損した瞬間と言うのは、目撃出来るはずがないと思います。

 

保険申請の為に電話を入れると、「いつ壊れましたか?」と言う事と、「どうして壊れましたか?」と言う2点については、必ず聞かれます。

 

しかし、壊れた原因についても、殆どの場合、気が付いたら雨漏りがしていた…と言う場合が殆どだと思います。

 

強いて言うのであれば、雨漏りがしてきたから気が付いて、それで火災保険に申請をした、と言うのが本当のところだと思います。

 

顧客側の方でも殆どの人が、特別はっきりと壊れた瞬間のところを目撃したわけではないと思いますので、保険会社の人が少し強めな口調でお話ししてくる担当者の場合、その勢いに押されてしまって、保険申請を諦めてしまう人がいるみたいです。

 

だからこれに対しての答え方として、「いつ壊れましたか?」については…

 

分かりません…気が付いたら外壁から雨漏りがしていたので、多分この前の雨と風が強い日なんだと思います。

 

と言う様な答え方が、一番適切な答え方と言う事になります。

 

保険会社の人も強めに話してくる人ばかりでなく、笑顔で優しい雰囲気で対応してくれる人の方が多いと思いますが、基本的には商売で、いくら保険申請があったとしても、出来ればお金は払いたくない、と言うのが本音のところだと思います。

 

繰り返しになりますが、「壊れた日時」「壊れた原因」の二つは必ず聞かれますので、答え方が分からずにうろたえた様な感じにならない様に、そのままの状況を答える、と言う事です。

 

例として…「いつ壊れたかは分からないけど、雨漏りして気づいたから、おそらくこの前の雨と風が強い日なんだと思う」のとそのままの状況を答えると言う事が望ましい、と言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

以上、外壁の雨漏りと火災保険、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記

 

  • 外壁からの雨漏りは火災保険で費用が捻出可能な場合が大
  • 保険費用が適用になるのは損害額が20万円以上の場合
  • 嘘や人為的に雨漏りをさせての保険申請は詐欺
  • 事故日時や原因はうろたえずにありのままの状況を答える

 

外壁からの雨漏りで火災保険から修理費用を捻出出来る事を初めて知ったと言う方や、外壁から雨漏りした際の火災保険への申請のコツでお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

外壁とサッシ廻りの間のコーキングの役割|適切な補修時期と費用相場

 

外壁塗装の色分けを2種類のおしゃれにしたい時の選び方のコツや注意点