築10年の住宅の浴槽の排水溝から臭いが漂ってきた時の対処法はコレ

排水溝の臭いの原因を調べる男

家族で幸せに暮らしている住宅ですが、築10年も経過してくると、様々なところが痛んだり、不具合を感じる様になってくると思います。

そして、1日の疲れを癒してくれるお風呂場なども、快適なはずが排水溝から臭いが漂ってきたりします。

 

落ち着いて考えて見ると、臭いがしてきても仕方ないですよね。

だって、家族で毎日お風呂に入っている訳ですから。。

排水溝からの臭いの様子

 

   ↓ ↓ ↓

 

排水溝の臭いの解消方を完全紹介

 

しかし、普段は快適にお風呂に入っていると言うのに、いきなり排水溝から臭いがしてきたら、不快な気持ちになってしまいます。

 

この浴槽の排水溝から臭いがしてきたら、どの様に対処していったら良いのでしょうか?

 

そこでこちらのページでは、築10年経過した住宅の浴槽の排水溝から臭いがしてきた時の対処法、と言う事で…

 

  • 築10年の浴槽の排水溝からの臭いの原因
  • 臭いがしてきた時の対象法
  • 臭いを解消した時の費用
  • 臭いがしてこない様にする為の予防策

 

主に上記の4つについてお話ししていきます。

 

 

築10年の浴槽の排水溝からの臭いの原因はコレ

始めに下のイラストをご覧ください。

こう言うのが、浴槽の排水溝の臭いの原因の一つになります。

排水溝の臭いの原因を表しているイラスト

 

こう言った髪の毛の他に、体を洗い流した際の水やお湯。

そしてシャンプーやボディウォッシュなども水やお湯で流されて、排水溝の壁内にこびりついて、それが長年の蓄積により、ある日、強烈な臭いを漂わせる原因になります。

 

しかし、髪の毛やシャンプーやボディウォッシュなどが排水管にこびり付いても、排水管内のトラップと呼ばれるものがきちんと機能してくれていれば、臭いが浴室内に漂ってくると言う事はまずありません。

トラップは下記のイラストと写真を参照して下さい。

 

管トラップ

管トラップの仕組みのイラスト

イラスト内でも説明していますが、浴槽や浴室、そしてキッチンなどの配管は、上のイラストの様に、配管が『S字』になっている『管トラップ』と言うものが取り付けられています。

この『S字』になった箇所にわざと封水と呼ばれる水を溜める事によって、仮に配管内で異臭や虫が発生しても、この封水が壁となり、浴室内に届かなくする構造になっています。

 

 

椀トラップ

椀トラップの仕組みの写真

分かりずらい写真で申し訳ありませんが、上の写真内で赤の矢印を向けられている部材が『椀トラップ』と言います。

管トラップと違い、配管内の封水で水が溜まっている箇所に、更にこのお椀の形をしたトラップを被せる事によって、封水とお椀の2つで異臭や虫の侵入を防ぐのが、椀トラップと言います。

 

つまり、排水溝からの鼻につくくらいの臭いを感じると言う事は、このトラップの構造上の異常か、もしくは、トラップでも防ぎきれないくらいの汚れが、配管内にこびり付いてしまっている、と言う事になります。

 

だいぶ遅くなりましたが、結論をお話しすると、排水溝から臭いがした時は、トラップの異常と言う事と、とんでもない汚れが付着してしまったと言う事の2つを疑い、それぞれに対処を行っていく必要があると言う事です。

 

それからもう一つ、予防が大切と言う事です。

トラップの異常でも、業者さんに相談せずに、自分で解決出来る場合もありますが、それで解決しない場合は、業者さんに相談と言う事になります。

しかし、汚れの付着の方は主に、髪の毛やシャンプーやボディウォッシュなどの長年のものがこびりついた事により、臭いが発生する事が殆どです。

こう言うものに対しては臭いがしてくる前に、事前に予防と言う形で対策を練る事が出来る訳です。

 

つまり、浴槽の排水溝などでは、臭いが漂ってきた場合の対処法と、臭いがしてこない様にする予防策の2つが必要になってくる訳です。

 

と言う事で次は、もし築10年の住宅の浴槽の排水溝から臭いがしてきたらら、どの様にして対処していけば良いのか?についてお話ししていきます。

 

 

築10年の浴槽の排水溝から臭いがしてきた時の対処法

排水溝からの臭いの様子

ではまず、臭いがしてきてしまった場合の対処法についてお話ししていきます。

 

先ほどお話ししましたが、排水溝から臭いがしてくる原因は主に2つがあります。

 

  • トラップの異常
  • 長年の蓄積でとんでもない汚れがこびりついてしまった

 

の2つです。

 

トラップの異常には、主に下記の4つが考えられます。

 

  • トラップ自体に汚れがこびりついた
  • トラップが破損した
  • トラップがずれてしまった
  • トラップないの封水が無くなってしまった

 

上記の4つの内、トラップにこびり付いた汚れと、トラップのずれと、封水が無くなる現象については、業者さんに依頼しなくても自分で直せる場合があります。

 

まず汚れについてですが、椀トラップの場合は、排水溝の蓋を取り外していただいて、排水溝内に手を入れていただく事によって、誰でも取り外していただく事が出来る様になっています。

一度取り外して、普通に浴室内を洗浄する時に使用している洗剤などで洗い流してみて下さい。

 

管トラップについては、ホームセンターなどに行くと、折り曲げが可能で、配管内に侵入させる事が出来るタワシが売られています。

もし分からない時はホームセンターのスタッフの方に、「浴槽の配管内を洗う為のタワシが欲しい」と言う事でお話ししていただけると大丈夫だと思います。

それを排水溝内に何度か差し込んで、配管内を洗ってみて下さい。

 

次にトラップのずれですが、先ほどお話しした通り、排水の蓋を取り外して手を入れて頂けると、椀トラップについては、すぐに取り外す事が出来る様になっています。

一度取り外して、再度取り付けを行ってみて下さい。

 

次に封水の補充ですが、住宅内の他の配管で急激な水の流れがあった時などは、配管内の気圧が変わり、封水が排出されてしまうと言う事があります。

また、長い間浴室を使っていない場合は、封水自体が蒸発してしまう場合もあります。

この様に封水が無くなってしまった時は、ゆっくり水を排水溝に流してあげる事により、簡単に封水が復旧します。

 

トラップ自体の汚れや、ずれ、封水などの解消を試みても臭いがしてくる場合や、トラップが破損している場合の時は、専門業者さんの方に相談した方が良い、と言う事になります。

 

 

築10年の浴槽の排水溝の臭いを業者に依頼した時の費用

排水溝の臭いを解消した時の費用を話す担当者

浴槽の排水溝からの臭いを解消する為に、業者に依頼した場合は、主に下記の様な形で費用が発生します。

 

管トラップや排水管内の掃除 15,000円前後~30,000円前後
高圧洗浄機で洗浄した場合 50,000円前後

 

配管内を掃除してもらう場合は、先ほどお話ししたホームセンターで売られている様な、折り曲げが出来て、先端にタワシが付いているものと同じようなものになりますが、これの業者専用のものがあり、それを排水溝内に侵入させて掃除してもらう事になります。

 

また、排水溝内を洗浄出来る、高圧洗浄機と言う機械があって、この機械の力で、排水溝内を強制的に洗い流してもらうと言うやり方もあります。

 

大方、この2つのどちらかで大丈夫ですが、トラップや排水溝内の配管を交換しなければならない時で、壁などを解体しなければならない場合があります。

 

この様な時は、その状況によっても変わってきますので、一概には言えませんので、適切な金額を知る為にも、1社だけでなく複数の業者さんの方に相談をして、見積もりを依頼してみて下さい。

 

 

浴槽からの臭いも築10年に入る前から予防して防止する

排水溝の臭いも予防が大切と話す女性

生活していく上で、お風呂は入らなければなりませんし、シャンプーやボディウォッシュも使っていかなければなりません。

これらを使わないとなると、今度は排水溝ではなく、自分の体から臭いが漂ってしまう事になります。

 

しかし、生活してお風呂を使っていく事によって、当然汚れは発生して、排水溝内に付着してしまう事になります。

 

そして、それを放置して、ひどくなると臭いが漂う事になってしまう訳です。

更に、いざ臭いが発生してから対処するとなると、その場合によっては余計な費用がかかったりする場合があります。

 

また、排水溝内と言うのは、人の目が届かない部分がありますので、実際にはどのくらい汚れてしまっているのか?と言うのが分からない訳です。

だから大抵の場合は、実際に臭いなどが発生してくるまでは放置してしまう事になります。

しかし、放置される期間が長ければ長いほど、その分、排水溝内に汚れがたくさん付着して、その不衛生な状態のままで生活を送っていくと言う事になります。

 

つまり、何をお話ししたいのかと言うと、浴槽の排水溝からの臭いも、臭いがしてきてから対処するのではなく、臭いがしてこない様に、事前に予防していくと言う事が重要と言う事です。

 

放置する期間が長ければ長いほど、浴槽の排水溝内に汚れがとどまり蓄積されて、衛生的な観点から考えてみても、あまりよろしくない事は明白です。

 

しかし、これを普段から、折り曲げ可能なタワシなどを用いて排水溝内を掃除してあげたり、2年~3年くらいの間隔で業者さんの方に依頼して、高圧洗浄機で排水溝内を洗浄してもらう事によって、その都度排水溝内の衛生面も改善されて良い訳です。

 

この様に、事が起こってから対処するよりも、事が起こらない様に予防していく方が色んな意味でも良い、と言う事を心がける様にして下さい。

 

 

以上、築10年の浴室の排水溝からの臭い、と言う事でお話ししてきました。

築10年前後の住宅にお住まいで、浴槽の排水溝からの臭いでお悩みの方の参考になれば嬉しいです。

 

 

お時間のある時に、他のページの方にも、ぜひ立ち寄ってみて下さいね!

二階の雨樋の雪への対処法を知って原因の予防と修理は火災保険活用

 

洗面室のクッションフロアの膨らみの原因|放置は土台の腐食の原因