築20年の外壁をお手入する注意点は劣化の度合いと未来の家族生活像

外壁のお手入も未来の創造が成功の秘訣

先日、築30年の外壁に対するお手入方法についての記事を書いた後に、少し前に、築20年くらいの微妙な築年数のご家庭の外壁塗装を行った時の事を思い出しました。

そちらのご家庭のご主人さんも、「祐太郎さん、うちは張り替えしなきゃ駄目ですか?まだ塗装でもちますかね?」と言う様な事を言っていました。

確かに築10年と築20年と築30年の住宅とでは、同じ外壁のお手入でも、取り組み方や取り組む姿勢と言う点で、違いが出てくると思います。

そこで今回は、築20年の住宅の外壁にスポットをあてて…

 

  • 築20年の外壁をお手入するにあたって注意する点
  • 外壁塗装か張り替えの見極め方
  • 外壁塗装を行う際の注意点
  • 張り替えを行うにあたっての注意点
  • 外壁を長持ちさせる秘訣

 

主に上記の5点についてお話ししていきます。

 

 

築20年の外壁のお手入で始めに注意するのは未来の事

外壁のお手入も未来の創造が成功の秘訣

築20年の住宅の外壁のお手入を考えるあたって、まず考えて頂きたいのは、外壁のお手入が終わった後の未来の生活状況についてです。

 

殆どのご家庭と言うのが、20代の中盤から、30代にかけて結婚や子供が出来た事をきっかけに、初めての住宅を建てるものだと思います。

自分たち夫婦とその子供たちが幸せに暮らして行く為に建てた住宅。

しかし、築20年と言う歳月が流れると共に、ちょうどその頃になると、子供さんたちも大学に進学したり、はたまた結婚して、自分たちの住宅を建てて、同じ家に住まなくなる様なご家庭もあります。

そして外壁のお手入を行おうとしている住宅も、築20年と言う新しくもなく古しくもなくと言う様な、微妙な築年数になっている訳です。

 

もし、夫婦の計画としては、築30年を迎えた時には住宅自体を建て替えしよう、と言う様な希望があったとしたらどうでしょう?

 

外壁のお手入と言えば、塗装工事でもある程度のまとまった費用がかかります。

そして、張り替えとなると、それ以上に費用がかかってきます

 

子供さんたちの事を例にあげてお話ししましたが、それだけではありません。

築20年前後の住宅で外壁のお手入をお考えになられる場合は、そのご家庭ごとに、その住宅での未来の生活像や問題点なども考えて、塗装にするか張り替えにするかなどを考えていかなければなりません。

 

では次に、家族の未来や生活状況ではなく、実際の外壁の状態で塗装か張り替えを見極める為には、どの様な事に気を付けて見ていけばいいのか?についてお話ししていきます。

 

 

築20年の外壁お手入は劣化具合に注意で塗装か張り替え

築20年の外壁は劣化の度合いを指針にする

家族の未来の生活状況ではなく、既存の外壁材の様子、つまり健康状態を塗装か張り替えの判断の指針にする場合は、既存の外壁材の劣化の度合いで判断する事になります。

 

外壁の劣化と症状と言うのは、主に…

 

  • 色褪せ
  • チョーキング
  • ひび割れ(クラック)
  • コーキングの痩せ
  • 外壁表面のぶよぶよ

 

の5つになります。

 

この5つの内、最も気を付けなければならないのが一番最後の外壁表面がぶよぶよになってくる症状です。

ちなみに写真でご説明すると、下の様な症状になります。

凍害の影響

 

これは長年の歳月で、外壁表面の焼付塗装の塗膜が劣化した事により、外壁材が水分を吸い込む様になって起こる凍害と言う症状になります。

 

外壁材の場合、この様な感じになった時に症状を和らげたり、改善に向かわせると言う様な塗り薬の様なものはなく、基本的にその凍害に犯されてしまった外壁材を張り替えしなければならない、と言う事になります。

 

しかし、いざその部分だけの張り替えを行おうとしても、外壁建材と言うのはおよそ5年を目途にデザインが廃盤になり、製造されなくなっていきます。

そうなった時は、周囲の外壁材と似たデザインの外壁材で張り替えを行っていくしか方法がなく、張り替えが終わった後の外壁面をよく見てみると、やはり、その部分だけを張り替えしたと言うのが分かる様になってしまいます。

 

ひび割れ(クラック)については、基本的にコーキングなどで補修した後に塗装を施すと言うやり方になりますが、しかしクラック(ひび割れ)についても凍害と同じことが言えて、あまりひび割れしている箇所が多い時は、外壁塗装ではなく、張り替えの方が好ましくなります。

 

また、その他の色褪せ、チョーキング、コーキングの痩せなどについては、基本的に塗装工事を施してあげる事によって改善に向かっていきます。

 

 

築20年の外壁のお手入時は費用にも注意が必要

外壁のお手入の費用を説明する男性

先ほどもお話ししましたが、築30年前後で建て替えをしたいと言う様な希望がご家庭内であった時、築20年の段階で行うお手入で、外壁塗装と張り替えとでは費用面でかなり違いが生じてきます。

その使用していく塗料や外壁建材によっても違ってきますが、一般的に使用されているものを例にしてご説明すると、約35坪前後の住宅に外壁塗装を施した場合は、60万前後円~100万円前後が相場の費用になってきます。

これに対して外壁塗装ではなく、張り替えで行おうとした場合は、同じ35坪前後の住宅でも、200万円前後から、場合によっては300万円を超えてしまう様な場合もあります。

勿論、外壁塗装にするか?それとも張り替えにするか?と言うのは、費用だけでなく、様々な面から考えて決めていかなければならない事ですが、築30年前後で建て替えをしたい、と言う様な希望がある場合、築20年目で行う外壁のお手入の費用が、その工事方法によって100万円以上の違いが出てくるとなると、これは大きな問題になってくると思います。

いずれにしても、古しいと言う事でもなく、また新しいと言う事でもない、築20年と言う住宅の外壁のお手入をお考えになられる時は、家族の未来や既存の外壁の劣化の具合に費用面も合わせて検討しなければならない、と言う事です。

 

 

築20年の外壁のお手入で劣化が少ない時も塗装は注意

外壁塗装を選んだ時の注意点

答えから先にお話ししてしまうと、築20年と言う住宅に外壁塗装を施していく場合は、しっかりした技量を持っている業者さんや、職人さんから施工してもらわなければならない、と言う事です。

 

先ほどお話しした様に、築20年の住宅の外壁を見た時に、色褪せやチョーキングやコーキングの痩せと言う様な症状の時は、基本的に外壁塗装を施してあげると、外壁の健康状態が保たれる様になります。

そして、費用面から考えてみても、張り替えではなくて、出来るだけ外壁塗装と言うやり方でお手入をしていくのが良い様に感じると思います。

 

しかし、それでも築20年を迎えた外壁材に塗装を施していくと言うのは、気を付けなければなりません。

何故かと言うと、20年間と言う歳月の間、雨や風や雪などの自然の影響を直接受けてきている、と言う事からです。

 

例えば、新築当初の焼付塗装が施されたばかりの外壁材と、20年間の間、雨や風や雪などの自然の影響を受けてきた外壁材を比べてみた時に、どちらの外壁材が塗料の付着度が良いか?と言う事を考えると、やはり間違いなく、新築当初の新品の外壁材の方が良い訳です。

 

となると、やはり「築20年の住宅だと外壁は塗装ではなく、張り替えなんだな」と思われるかも知れませんが、そう言う訳でもありません。

何を言いたいのかと言うと、施工時に注意をして施工していかなければならない、と言う事です。

 

つまりお客様たちの方ではなくて、施工する業者側の方で、最新の注意を払い施工していかなければならない、と言う事… そう言う工事を行ってくれる業者や職人さんを探して、工事を依頼する、と言う事です。

 

勿論、築10年であっても、築20年であっても、築30年の住宅の外壁であっても、同じように最新の注意を払って施工していかなければなりません。

しかし、外壁塗装を施してくれる業者さんも様々な業者がいますし、実際に工事を行ってくれる職人さんにも、技量と言うのが人それぞれです。

 

外壁塗装の場合、直接下地の影響を受けてしまう工事になりますので、どれだけ完璧な下塗りを施したからといって絶対に剥がれてこない、と言う事が言えない工事になります。

 

しかし、折角工事が終わっても、塗料が剥がれてきたらがっかりしてしまうと思います。

 

この様な事にならない様に、築20年前後の住宅の外壁塗装を数多くこなしていて、知識も豊富で、確かな技量を持っている業者さんや職人さんに依頼する様にして下さい。

 

ちなみに、自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれる、相性の良い人の探し方については、以前に下記のページでお話ししております。

築20年ではなく、初めてのリフォームを行う時と言う事で書いていますが、自分たち家族の気持ちに寄り添ってくれる、相性の良い人の探し方、と言う点では、十分に参考にしていただけると思いますので、ぜひこちらの方もお時間のある時に立ち寄ってみて下さい。

初回リフォームを予定した時の心構え6つ|成功の秘密はココにあり

 

 

築20年の外壁のお手入で張り替えを選んだ時に注意する事

張り替えする際の注意点

塗装ではなく、張り替えでお手入を行っていく時に注意していただきたい事は、こちらも同様に、確かな技量を持った業者さんや職人さんに依頼して施工してもらう、と言う事になります。

 

外壁塗装では塗料の密着度が悪いと、剥がれてくる、と言う様な事が起こりますが、外壁材の張り替えでお手入を行う時は、仕上がった外壁面を見た時に、極端に反り返っている部分があったり外壁材同士のつなぎ目に使用されるコーキングも、幅の狭いところがあったり、広いところがあったりなど、きちんと近づいてみてみると、意外に雑な施工で仕上げられている現場を目にする事があります。

 

先ほどもお話しした様に、張り替えになると費用面の方でも、塗装工事の倍以上の費用がかかってくる事になります。

折角大きな費用をかけても、工事が終わった後に、その様な施工状況だったと言う事に気が付いた時は、やはりがっかりしてしまうと思います。

 

業者さんや職人さんの存在価値は、いかに綺麗で良い仕上がりの仕事をしたか、と言う事です。

 

しかし、その業者や職人を選ぶのは、お客様側の仕事であって作業になります。

 

以前の記事でも書きましたが、外壁の塗装や張り替えを含めて、リフォームと言うのは、ある意味闘いです。

その闘いに勝つ為にも、優れた技量を持つ、良い業者や職人に依頼しなければならない、と言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

日頃から注意してお手入する事で築20年の外壁も若返る

外壁も日ごろのお手入が大切

築20年の外壁をお手入するやり方を選定する際の方法として、劣化の状態を一つの指針にする、と言う事を先ほどお話ししました。

 

リフォームと言う仕事をしていると、色々なご家庭の外壁を見る事になります。

そして築20年前後の住宅でも、傷みがそんなに無い外壁のご家庭と言うのは、共通している事があります。

 

それは、過去に一度か二度の外壁塗装などのお手入を行ってきていると言う事です。

 

外壁材の表面の焼付塗装の塗膜も、長い間、雨や風や雪などの自然の影響にさらされたままの状態になる事によって、塗膜が劣化していきます。

しかし、この劣化した塗膜を外壁塗装などを施してあげると、再び復活させてあげる事が出来る訳です。

 

また外壁のお手入と言うのは、この外壁塗装張り替えばかりではありません。

水洗いしてあげる事や、劣化してきたコーキングをその都度メンテナンスしてあげると言う様なやり方もあります。

 

外壁を水洗いする際に必要な高圧洗浄機や、コーキングで補修する時の様な道具を揃えなければならない事にもなりますが、何もせずに築20年を迎えるのとでは、外壁材の痛みも全く違ってきますので、大きな違いになります。

 

ちなみに、業者の様なプロが使う高圧洗浄機などはいりませんので、ご家庭用の高圧洗浄機などは、ホームセンターなどに足を運んでみて頂けると、1万円前後~2万円前後くらいで販売されています。

また、外壁を水洗いするだけでなく、車を洗浄する時にも使えます。

 

「だから様々なところに使えるから用意して下さい」とお話ししているのではないですよ(笑)

 

外壁塗装や張り替えなどの足場を住宅廻り全体に組んで行う工事だけでなく、普段から手の届く範囲で、自分たちで出来るメンテナンスと言うお手入をしてあげるだけでも、十分に外壁の劣化を遅らせる事が出来ます。

 

普段からまめに手を入れてあげる事が大切、と言う事を覚えておいて下さい。

 

 

ここまで、築20年の外壁をお手入する際に注意する事、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の5つ。

 

  • 家族の未来の姿をイメージしてお手入の方法を決める
  • 外壁材の劣化の具合を塗装か張り替えを決める指針にする
  • 築20年の外壁のお手入を決める時は費用面は凄く大切
  • 技量のある業者や職人を探す努力をする
  • 普段から自分たちで出来るお手入を行っていく

 

築20年前後の住宅にお住まいで、お手入が外壁塗装の方が良いか?それとも張り替えの方が良いか?で迷われている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

築30年の外壁で注意が必要なのはお手入れが塗装か張り替えかの判断

 

外壁とサッシ廻りの間のコーキングの役割|適切な補修時期と費用相場