築10年の外壁にぶよぶよした箇所を発見したら初回塗装時期と判断

凍害が進行して外壁材に穴が空いた状態

こんにちは、祐太郎です。

住宅を建築してから約10年くらい経つと、外壁にも様々な痛みが出てきます。

 

その中でも、外壁材の表面がぶよぶよした様な感じの症状。

明らかに異常をきたしている感じの症状ですが、このぶよぶよになった箇所と言うのは、元に戻したりする事は出来るのでしょうか?

 

結論からお話ししますが、出来ません。

と言うのが、答えになります。

 

しかし処置法はあります。

 

そこでこちらのページでは、外壁材の表面にぶよぶよした箇所が現れた時の対処法について、いくつか紹介していきたいと思います。

 

 

築10年の外壁のぶよぶよ箇所はお手入れのサイン

外壁のぶよぶよはお手入れのサイン

まず外壁のぶよぶよ箇所と言うのは、凍害と言って、傷みが進行してしまった状態の症状と言う事を覚えて下さい。

そしてこの状態になった時の対処法は、下記の2つになります。

 

  • 部分的な外壁材の張替え
  • パテやコーキングで固めての補修

 

この凍害と言う症状は、住宅を建築する時に一番多く使われる、窯業系の外壁材で多く見られる症状になります。

そして傷み具合を分かりやすく表すと、上から2番目に重大な痛みと言う感じになります。

ちなみに、一番ひどい痛みの状態と言うのは、下記の写真の様に、凍害が更に進行して、外壁材に穴が開いてしまった状態になります。

凍害が進行して穴が空いてしまった外壁材

 

この穴が空いた状態になると、基本的には穴が空いた外壁材を部分的に張替えすると言うやり方が、最も多く行われている補修方法になります。

 

そして、穴が空く前の、まだ凍害に犯されている段階の状態でも、一番好ましい補修のやり方としては、やはり部分的に外壁材を張替えをすると言う方法になります。

ただ、この部分的な外壁材の張替えの場合は、元々の外壁材が製造中止になっているケースが多く、張替え後に、その部分的に張替えをした外壁材のところだけ、いかにも張替えをしました、と言う感じになる為、見た目の問題を気にする方にはあまりお勧め出来ない方法になります。

 

それ以外では、凍害の被害にあって、下記の写真の様に、ぶよぶよしている箇所に、パテやコーキングを付けて固めていくと言うやり方になります。

外壁の表面がぶよぶよしている凍害箇所

 

このパテ処理やコーキング処理を施す事によって、凍害の被害にあっている箇所を固める事が出来ますので、とりあえず外壁塗装を施せる状態にする事が出来る様になります。

しかし、このパテ処理やコーキング処理は、あくまでも補修という形になりますので、完璧なやり方と言う訳ではありません。

このパテやコーキングでの補修を施した後に外壁塗装工事を行っても、凍害により受けた被害損傷の状態によっては、折角塗った外壁塗装の塗膜が、パテやコーキングごと、剥がれてきてしまう可能性もあります。

そう言う意味でも、パテ処理やコーキング処理や部分的な外壁材の張替えなどの補修を行う事のない様に、外壁材表面の塗膜の劣化が始まる前に、または、劣化が始まった初期の段階で、外壁塗装などのメンテナンスを行ってあげる事が重要になってきます。

 

では次に、なぜ外壁の表面が、ぶよぶよした感じに傷んでいくのかについてお話ししていきます。

 

 

築10年の外壁がぶよぶよしてくるのは凍害の影響

外壁の痛みを放置して凍害が進行した建物

ではなぜ?凍害の被害にあって、外壁材の表面がぶよぶよした感じになってしまうのか、についてお話ししていきます。

外壁材の他に車でも何でもそうですが、商品には色がついています。

 

例えば下記の写真では、外壁材に赤茶系の色が付いていますよね。

色が焼付塗装されている外壁材

 

この外壁材に付いている赤茶系の色と言うのは、外壁材が作られる時に工場の方で、焼付塗装と言う処理が施されて付けられた色になります。

 

そしてちょっと頭の中で想像して下さい。

もしこの外壁材の表面に焼付塗装された赤茶系の色だけを、何かの機械で剝いでしまう事が出来たとすれば、外壁材はどうなりますか?

 

表面の色だけを、べりべりべりって剝いでしまったら、外壁材の素地がむき出しの状態になりますよね。

この素地がむき出しの状態だと、当然、雨や風や雪などの自然の影響を受けて、素地自体が傷んでいくペースが速くなっていく訳です。

 

つまり、この外壁材の表面に焼付塗装されている色と言うのは、単にデザインだけのものではなく、素地を保護する為のものでもある訳です。

一言で言うと、外壁材は、この焼付塗装の塗膜によって、雨や風や雪や気温などから守られている訳です。

 

しかし、この素地を保護している焼付塗装の塗膜が、半永久的な耐久力を持っているかと言うと、そうではありません。

住宅建築後、常に雨や風や雪や気温にさらされる事によって、およそ、10年を目途に塗膜自体が劣化して、素地を保護する力がなくなっていきます。

 

そして外壁材の素地は、塗膜が劣化してしまうと、雨や雪などが降り注いだ時に、水分を吸い込み始める様になっていきます。

更に、水分と言うのは、凍り付くと体積が膨張する性質になっています。

 

つまり外壁材に吸い込まれた水分は、冬の冷気によって外壁内部で凍り付き、寒暖の差を繰り返す事によって、『凍る』と『溶ける』を繰り返して、外壁材の素地を破壊して、表面がぶよぶよした状態になる訳です。

これが凍害と呼ばれている症状です。

 

凍害とは、今ご説明した様なメカニズムで起こる現象な訳ですが、勿論、凍害の症状になるまでは、かなりの時間を要する訳で、この凍害に犯されるまでに、外壁塗装などのメンテナンスを適切に施して、素地を保護している塗膜の耐久力を取り戻して、凍害と言う事態を回避してあげる事がとても重要になってくる訳です。

 

では次に、実際に劣化した塗膜の耐久力を取り戻す為の外壁塗装は、どのタイミングで行ったら良いのか?についてご説明していきます。

 

 

築10年での外壁のぶよぶよを回避するには早めの塗装を

ぶよぶよにならない様に外壁塗装を行っている職人

では、凍害の被害に合わない様にする為に、塗膜の耐久力を復活させるべく外壁塗装を行うタイミングについてお話ししていきます。

 

結論からお話しすると、これは、塗膜の劣化が始まる前に、外壁塗装を行ってあげる、と言う事が、最も好ましい答えになります。

 

では、それをどの様にして見極めるのか?と言うと、これは主に下記に記載した事を目安にすると良いです。

 

外壁材の色褪せ

塗膜が粉状になるチョーキング(白化現象)

外壁材やコーキングのひび割れ(クラック)

 

そして上記の3つの中でも、色褪せチョーキングの段階で外壁塗装工事を行ってあげると、パテ処理やコーキング処理などの補修もせずに、単純に外壁塗装だけを施す事が出来ます。

 

ただ、本当の意味で望ましいのは、外壁材の素地を保護している塗膜の劣化が始まる前に塗装してあげる事…

つまり、色褪せやチョーキングが始まる前に、外壁塗装工事を施してあげて、塗膜の耐久力を取り戻してあげる事が、最も良いタイミングの外壁塗装工事になります。

 

一般的に外壁塗装は、10年を目途に行う、と言う風に言われています。

しかし、同じ外壁材を使用して建築した住宅でも、立地条件や、その年の気象状況の影響で、傷み具合は変わってきます。

そう言う事から、築10年を目途に考えるのではなく、築7年を過ぎたあたりから、上記の3つの状況が自分の家の外壁材に起こり始めていないか?と言うのを気を付けて見る様にすると良いです。

そして、出来れば、塗膜の劣化が始まる上記の様な症状が出る前に、または、遅くても、築10年を目途に外壁塗装を行ってあげると良いです。

 

次に、外壁塗装を施す前に、ぶよぶよした凍害の被害にあってしまった場合の、補修工事の目安の費用についてお話ししていきます。

 

 

築10年前に外壁のぶよぶよ箇所が出た時の補修の金額

凍害の被害を受けない様に話す職人たち

先ほどお話しした通り、ぶよぶよした凍害の箇所を外壁塗装を施せる様に補修するには、下記の2つの方法があります。

 

  • パテやコーキングでぶよぶよ箇所を固める
  • ぶよぶよした凍害の影響を受けた外壁材を部分的に張り替える

 

パテやコーキングでぶよぶよした凍害箇所を固める作業については、その箇所の数によっても変わってきますが、目安で1か所あたり3,000円前後をお考えになっていただけると良いと思います。

 

外壁材の部分張替えについても、パテやコーキング処理と同様に、その張替えを行う箇所の数や、使用していく外壁材の金額によっても変わってきますが、職人さんが1人で半日で終わるくらいの数であれば、1万円前後~5万円前後

丸1日かかる様であれば、3万円前後~7万円前後を目安にしていただけると良いと思います。

 

その他に、パテやコーキング処理、部分的な外壁材の張替えを問わずに、2階などの外壁を補修していく場合は、基本的に足場が必要になってきますが、この場合の足場費用については、住宅の全体に足場が必要な場合は、1㎡あたり1,000円前後~1,500円前後

東西南北の外壁4面の内、1面だけに足場をかける場合は、およそ一式で5万円前後くらいが目安になってくると言う風にお考え下さい。

 

しかし、何度もお話しする通り一番大切なのは、補修工事が必要になる、ぶよぶよした凍害の被害にあう前の、それも色褪せやチョーキングが始まる前に、外壁塗装を施してあげて、素地を保護している塗膜の耐久力を取り戻してあげると言う事が大切だと言う事を頭の隅に入れておいて下さい。

 

 

ここまで、築10年の外壁のぶよぶよした凍害箇所への対処法、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひ参考にしていただいて、ぶよぶよした凍害の被害にあわない様に、そして、外壁材の素地を保護している塗膜の耐久力を取り戻す為の、早めの外壁塗装工事を心がける様にして下さいね!

 

 

他の記事も読んでみて下さいね!

外壁塗装の初回きっかけの目安はコレ!早めの対応が長持ちの秘訣

 

築10年でチョーキングが出た時の対処法|外壁塗装で塗膜の復旧を