築30年の外壁で注意が必要なのはお手入れが塗装か張り替えかの判断

外壁も築30年を迎える頃になると新築当時の面影もなくなり、また、視覚的に見た時も、それが当たり前の姿になってしまうと思います。

そしてお手入をした方が良いものか?

するにしても外壁塗装ではなく、外壁の張り替えの方が良いのか?

一番適した行動や判断と言うのが分かりずらくなってしまうと思います。

そこでこちらのページでは、築30年前後の住宅の外壁をお手入していくにあたって…

 

  • 築30年の外壁をお手入する際に注意して見る点
  • 築30年の住宅を外壁塗装する時の注意点
  • 築30年の外壁を張り替えする時に注意する事
  • 築30年の外壁をお手入した時の費用

 

主に上記の4つの事を中心にお話ししていきます。

 

 

築30年の外壁で注意する事は劣化の度合い

築30年の外壁で注意しなければならないのは劣化の度合い

築30年の住宅の外壁をお手入するかを考えた時に、まず見ていただきたいのは、どの程度劣化してしまっているか?と言う点です。

これは建築の知識のない、素人の人の感覚によるもので良いです。

改めて、単純に外壁を見た感じで、「傷んでしまったな…」とか「こんなにも傷んでしまっていたのか…」とかの感覚を自分で感じてもらいたいのです。

 

築30年の住宅でも、およそ10年前後の間隔でお手入をされてきた住宅の外壁と、住宅を建ててから一度も外壁に対してメンテナンスなどのお手入をしてきていない、と言う外壁とでは、天と地ほどの差があります。

 

実は、およそ10年前後の間隔で外壁塗装をしてきた住宅の外壁と言うのは、築30年を迎えて、再び外壁のお手入をお考えになられる時も、殆どの場合、外壁塗装で済む場合の方が多いです。

 

以前の記事でもお話しした事がありましたが、建築当初の新品の外壁材と言うのは、表面に焼付塗装と言う塗装膜が施されています。

そして、この塗装膜によって、外壁材の素地である内部が、常に雨や風などの自然の影響から守られている訳です。

 

しかし、この外壁材の素地を保護している焼付塗装膜も、およそ10年という間、雨や風にさらされたままの状態になる事によって劣化していきます。

劣化すると当然ですが、外壁材の素地が保護されていない状態になります。

そこで再び素地を保護してあげる為に、およそ10年前後の間隔で外壁塗装などのメンテナンスとしてのお手入を施してあげて、再び、外壁材に塗装膜を作って、素地を保護してあげる、と言う訳です。

 

ちなみに外壁塗装と言うのは、塗料を刷毛やローラーで外壁材に塗っていく工事になります。

塗料と言うのは液体です。

実ははっきり言ってしまうと、塗装工事に於いて、築10年や築30年、または、築50年と言うのはあまり関係なく、どんなに築年数が経過した外壁材であっても、とどのつまる話をしてしまえば、塗れるんです。

だって、液体ですから刷毛やローラーに塗料を付けて、外壁材に付ければ塗れるし、密着もする訳です。

 

しかし密着はするけれども、密着率と言う観点や、耐用年数と言う観点で考えた時は、やはりきちんとメンテナンスとしてのお手入を施してきた外壁材と、そうでない外壁材とでは、全然違ってくる訳です。

 

外壁塗装のお手入が、5,000円~10,000円位の費用で済むのであれば、仮にお手入をした数日後に塗装した塗膜が剥がれてきても、あまり気にはしないと思います。

ところが、外壁塗装などのお手入をして行く為には、住宅廻り全体に足場を組み立てて、見た感じ、「大きな工事をしている」と言うイメージで、費用の方もそれなりの費用をかけて行う事になります。

 

つまり、あまりにも傷んでしまった劣化のひどい外壁材の場合は、外壁塗装が向いていない、と言う事になります。

 

築30年前後を迎えて、外壁のメンテナンスであるお手入を、塗装にしようか?それとも張り替えにしようか?と迷った時は、この外壁材の表面塗膜の劣化の度合いが一つの基準になります。

 

では次に、外壁材の表面の劣化で一番気を付けなければならない『凍害』と言う事についてお話ししていきます。

 

 

築30年の外壁を塗装する時の注意点は凍害被害

凍害被害にあった外壁の様子

築30年前後の住宅の外壁材をお手入していく上で、劣化の度合いが一つの指針になる、と言うお話をしてきました。

では、この外壁材の痛みと言うのには、どの様なものがあるのかと言うと、主に下記の4つになります。

 

  • 凍害による被害
  • 色褪せ
  • チョーキング
  • コーキングの劣化

 

ちなみにこの内の、色褪せチョーキングコーキングの問題については、外壁塗装工事を施してあげる事によって、殆どの場合が解決になります。

問題は、一つ目の『凍害による被害』になります。

 

自分の家の外壁や、ご近所の家の外壁で、外壁材の表面がぶよぶよになっている箇所を見た事はありませんか?

このぶよぶよと言う症状と言うのは、殆どの場合、凍害の被害によるものです。

 

少し話が戻りますが、前の見出しで、『外壁材は素地を保護してあげる為に、外壁塗装を施してあげないといけない』と言うお話をしました。

しかし、この外壁材の表面を保護してあげる為に外壁塗装をせずに、そのまま放置したとするとどうなるのか?と言うと…

まず表面が塗装膜によって保護されていない状態ですので、雨や雪、そして湿気の多い日などに、外壁材の素地が水分を吸い込む様になっていきます。

この吸い込まれた水分と言うのは、気温も高くお天気の良いには乾燥していく訳ですが、全部が完璧に乾燥するわけではありません。

外壁材に吸い込まれて、その後に乾燥しきれなかった水分と言うのは、そのまま外壁材の素地内部にとどまる事になり、冬場に入ると、冷気にさらされて外壁材の素地内部で凍り付いてしまいます

そして水分と言うのは、凍り付くと体積が膨張します。

さらに凍り付いた水分は、冬場の寒暖の差によって、外壁材の素地内部で凍る事と、逆に溶ける事を繰り返します。

これが繰り返される事によって、外壁材の素地を破壊して、ぶよぶよと言う感じの症状として表れてしまう訳です。

 

外壁のメンテナンスであるお手入方法の中で、比較的に安価で済ます事が出来るのは、外壁塗装工事になります。

しかし、この凍害に犯されてしまっている箇所に塗料を塗っても、剥がれてしまう訳です。

その剥がれてくると言う症状も、外壁塗装工事の施工中に剥がれてくるとなると、何らかの手を入れてあげる事も出来ます。

しかし、一通りの外壁塗装工事の工程が終了して、足場も全て取り外してしまってから、剥がれてくる場合が殆どです。

 

だから、築30年前後の住宅の外壁をお手入する場合は、外壁材を見渡して、このぶよぶよになっている箇所があるか?そしてどの程度あるか?と言う事を気を付けて見る必要があります。

 

では次に、築30年の住宅の外壁のメンテナンスを張り替えでお手入する場合は、どの様な事に注意しなければならないのか?と言う事についてお話ししていきます。

 

 

築30年の外壁で注意する事は張り替えでもある

築30年の外壁張り替えは家族のニーズとマッチしている事も大切

築30年の住宅の外壁をメンテナンスする時に、塗装でお手入を行う場合は、凍害に気を付けなければならない、と言うお話をしてきました。

では、築30年の外壁のメンテナンスを、塗装ではなく張り替えでお手入していく場合は、どの様な事に注意をしていかなければならないのか?と言うと…

 

一番声を大にして言いたいのが、『家族のニーズや生活スタイルに合っているか?』と言う事です。

 

どう言う事かと言うと、中古住宅で購入した家を除いてお話ししますが、住宅を建築する時と言うのは、殆どの人が20代後半から30代にかけてになると思います。

まだご夫婦の両方とも若かった時です。

 

しかし、それから築30年を迎えようとした時はどうなっているかと言うと、住宅も30年経過したと言う雰囲気を醸し出していると言う事は、当然ですが、ご夫婦の両方とも、同じようにお年を召されている、と言う事になります。

そして30年と言う長い年月に間に子供さんも成人されて、別に家庭を持って、一緒には暮らしていないかも知れません。

 

勿論、他にも様々な状況が考えられます。

そのご家庭によって違っている事でしょう。

 

しかし、どの様な状況であっても、住宅の外壁を全て張り替えすると言う事は、それなりに高額な費用が伴う、と言う事になります。

 

それぞれのご家庭で築30年経った時と言うのは、状況が違うと思いますが、その行おうとしている外壁の張り替え工事が終わった後も、その住宅に住み続けていく訳です。

そこで考えてほしいのが、果たして外壁の張り替えを行うくらいの大きな費用をかける意味はあるでしょうか?

と言う事です。

 

外壁塗装を進めているのではありませんよ。

簡単に言えば費用対効果の事を伝えたい訳です。

 

築30年の住宅で外壁に対するメンテナンスとしてのお手入方法を考える時は、こう言った家族内の状況も加味して、家族のニーズにマッチしているか?と言う事も考えて決める様にして下さい。

 

では次に、外壁のお手入を外壁塗装した場合と、張り替えした場合の目安の費用についてお話ししていきます。

 

 

築30年の外壁をお手入れする時は費用にも注意が必要

築30年の外壁では金額は特に大切

外壁のメンテナンスやお手入方法として主にあげられるのが、今回お話ししてきている、外壁塗装外壁材の張り替えになります。

細かく言うと、もう少しある訳ですが、今回は外壁塗装と張り替えをテーマにしてお話ししておりますので、この2つの方法についての目安となる費用をお話ししていきます。

 

下の表をご覧ください。

 

耐用年数 目安の費用
外壁塗装(シリコン樹脂塗装) 10年前後~12年前後 60万円前後~120万円前後
外壁塗装(フッ素樹脂塗装) 15年前後~20年前後 120万円前後~200万円前後
外壁材の張り替え 10年前後(初回の外壁塗装までの目安の耐用年数) 180万円前後~300万円前後
乾式タイル張り替え メンテナンスフリー(基本的にと言う意味) 220万円前後~400万円前後

 

外壁塗装の方は、シリコン樹脂塗装フッ素樹脂塗装で違ってくるのは、主に耐用年数です。

一般的には、シリコン樹脂塗装で施工されるご家庭の方が多いです。

ちなみにどちらがお勧めになるかと言うと、実はこれも、シリコン樹脂塗装の方になります。

フッ素樹脂塗装の方が耐用年数も長いのですが、長い耐用年数の塗料でお手入していくよりも、10年前後と言うある意味定期的な間隔で、お手入を施してあげた方が良いです。

要するに、まめに行う事が大切、と言う事です。

 

張り替えの方は、その張り替えを行う外壁材の商品によっても、金額がガラッと違ってきます。

外壁塗装の場合は、単純に色と耐用年数を主として選ぶ様な感じですが、張り替えの場合は色や耐用年数の他に、数ある種類の中から性能や、仕上がりの佇まいなどのデザインなども考えながら選んでいかなくてはなりません。

 

上記の表でご説明した金額は目安の金額ですので、そのご依頼される業者さんによって違ってくると思いますが、普通に営業されている業者さんであれば、上記の金額内で推移していくとお考えになっていただいて大丈夫です。

 

 

ここまで、築30年の外壁をお手入する時に注意する事、と言う事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめると下記の4つ。

 

  • 築30年の外壁のお手入方法の見極め時は劣化の度合いをよく見る
  • 特に凍害の被害に犯されている箇所がないかを気を付けて見る
  • 今後の家族の生活スタイルとマッチしているかを考える
  • 築30年の外壁をお手入する場合は費用も特によく考慮する

 

築30年前後の住宅にお住まいで、外壁のお手入でお悩みの方の注意事項として、参考になれば嬉しいです。

 

 

他のページの方にも立ち寄ってみて下さいね!

床鳴りときしみのする築25年の住宅をリフォームする時の秘訣と対策

 

築20年の外壁をお手入する注意点は劣化の度合いと未来の家族生活像